2021年11月24日 (水)

アンドロメダ星雲M31

M31blog_20211124133901  秋の星雲と言えば、アンドロメダ星雲M31でしょう。星雲といっても、M31は、系外銀河のひとつで、天の川銀河を二回りほど大きくした渦巻銀河です。アンドロメダ座が見える8月頃から3月頃まで眺めることが出来ます。満月を5,6個並べた大きさの、巨大な銀河です。何と言っても、肉眼で見ることが出来るので、とても貴重な系外銀河です。以前住んでいた神戸では、1等星しか見えない星空だったので、M31を眺めたことはありません。薩摩半島に引っ越してきてから、M31の雲のようなぼんやりとした光を眺めることが出来ました。特別に視力がいいという訳ではないので、はっきり見えるときは、空の状態がとても良いということでしょう。230万光年の彼方の光が見えるというのは、驚異的なことで、リアリティーというか、臨場感に興奮してしまいます。230万年前に出た光を見ていることで、宇宙の神秘的な姿に驚愕してしまいます。

 写真の上方が天の北極方向です。渦巻銀河の左斜め下から眺めている状態です。本当はもう少し淡い光の渦が外側に広がっているようですが、それを画像にするのがとても難しいですね。M31には、伴銀河が2個あります。右上に見える光が楕円銀河M110で、M31の下部の渦巻外部に重なって見える光が楕円銀河M32です。2個の伴銀河も結構な大きさなのですが、M31の巨大さに負けて、完全に脇役です。左隅に見える星は、アンドロメダ座のν(にゅー)星です。

 M31は毎年何回も撮影していますが、大気の状態が良くないと、なかなか上手くいきません。ちょうど11月後半から12月頃が天頂付近に昇るので、いちばん条件がいいような気がします。まだまだ撮影できそうですね。この撮影は、ビクセンのED400ミリの屈折鏡です。明るい光なので、カメラレンズでも撮れそうな気もします。

 この3、4日は薩摩半島にも寒気が流入して、雨が降り、肌寒い天気でした。冬らしさを感じさせるような寒さでしたが、明日からは少しは暖かくなりそうです。冬の方が水蒸気が少なくて、撮影には最適なので、またM31の撮影に挑戦してみます。

 という訳で、今夜の夜空がどうなるのか分かりませんが、いつものように撮影の準備だけはしておくつもりです。

 追伸 先週の19日の皆既に近い部分月食の撮影はうまくいきませんでした。月の出が遅く、なかなか雲が消えませんでした。高度が低すぎて撮影には、少々無理……。

データ/ビクセンAP・ED70SS・KissX8i・笠井マルチフラットナー・ISO3200・30コマ合成・2021年10月9日21時

| | コメント (0)

2021年11月18日 (木)

アンドロメダ座とペガスス座

Blog_20211118191101  秋(10月下旬の21時頃)の天頂付近の星座です。アンドロメダ座とペガスス座は肉眼でもよく見えるのですが、その周辺の星座はなかなか形を確認出来ません。秋の星空自体が暗いということもありますが、強烈に目立つ星座がないからでしょう。秋の1等星は、南の空の隅っこにある、みなみのうお座のフォーマルハウトだけです。このフォーマルハウトも1等星の中ではとても暗い星です。少し寂しい気もしますが、まあ仕方ないでしょう……。天頂付近に昇ったペガススの大四辺形は、秋の星空の象徴ですが、真上に来ると、眺めるのにとても苦労します。まともに眺めることは、とても大変です。寝転んで見るしかないのですが、秋が深まると、そんなことは出来そうにもありません……何か良い方法はないものでしょうか……いろいろ考えているのですが……。おまけに南を向いて眺めると、飛馬ペガススが逆立ちしている姿になります。それならば、北を向いて天頂付近を眺めればいいような気もしますが、そうなると、さらにノケゾルことになって、限界をはるかに超えてしまいます。まあ、そんなことを何年も考え続けています……。

 秋の星座の話なんですが、ペガスス座の周辺を調べると、結構賑やかな感じもします。隣のアンドロメダ座は、2等星と3等星が多いので何とか形が分かる星座です。おまけに、アンドロメダ星雲M31も肉眼ではっきり(夜空に状態にもよりますが)見えます。周辺には、とかげ座、さんかく座、おひつじ座、うお座。そしてみずがめ座などがあります。みずがめ座の水瓶を表している三ツ矢のマークの4つの星を、初めて確認しました。三ツ矢と呼ばれているのは、日本だけなんでしょう。三ツ矢サイダーの三ツ矢なんですね。ギリシャ神話では、水瓶から流れるのは、神酒とか聖水とか、他に不老長寿のエキスだとか言われているそうですが、三ツ矢サイダーの名前もそういう意味で付けたのかも、です。ちなみに、三ツ矢サイダーは明治17年発売開始ということだそうで、少々驚きでした。西南戦争終結から、僅か7年しか経っていません。商魂たくましきかな、という感じです。

 写真の右上隅に、明るい星が写っていますが、はくちょう座の一部です。一番明るい星が、はくちょう座の1等星デネブです。11月下旬の頃には、夏の星座は西空低く、沈みかけています。夏の星々の明るいこと明るいこと……。

 明日19日の日暮れ頃には、皆既に近い部分月食が始まります。晴れれば、のんびり眺める予定ですが、空の状態がどうなるのか、全く分かりません。薩摩半島は月の出が遅いので、少々無理な感じもします。という訳で、一休みでーす。

データ/ケンコースカイメモS・トキナー11~20ミリF2.8・EOSKissX8i・ISO1600・f4・30秒・ソフトフィルター使用・2021年10月27日21時30分

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

ペガスス座のM15

M15blog_20211111185801  写真は、ペガスス座の球状星団M15です。撮影したのは、10月2日です。この日は、みずがめ座の球状星団M2も撮影しましたが、M2もM15もとても分かりにくい場所で、目立つ星もなく、探すのが大変でした。いつもは、星々を辿って、探し当てるのですが、確認できる星がない領域でした。デジカメの液晶画面上では、3等星までは何とか確認できるのですが、それより暗い星は、確かめることが少々無理な感じです。という訳で、自動導入に頼ることにしました。極軸をある程度きちんと合わせると、とても正確に星を導入できます。その後は、東西南北にわずかに動かせば、ほとんど視野の中央に確保することが来ます。とても便利なもので、最後はこれに頼っています。ただし、この自動導入を利用すると、星探しの楽しみが半減してしまうので、最後の手段にしています。8インチのシュミカセでも、割と楽に導入できました。

 写真のM15は、みずがめ座のM2と大変良く似た球状星団のような気がします。大きさもそうですが、星の密集度もとてもよく似ています。このM15の方が、わずかに明るく、少しだけ大きいかな……という感じです。ペガスス座の馬の頭の近くですが、この周辺で目立つ星は、ペガスス座の暗い3等星ε星だけです。天の川のはずれの星がとても少ない領域です。暗い宇宙をバックに、ポツンと球状星団が輝いている……そんな眺めです。これもまた迫力があって、いろいろ想像できる星風景のような気がします。

 今週は、ずーっと雨と曇りの日々です。寒気が入ってきて、薩摩半島も少しだけ冬に近づいたようです。しかし、晴れた日には、車の中はアツアツでエヤコンを入れています。今夜は月が見えませんが、上弦の月です。三日月からあっという間に上弦の月になりました。来週金曜日は満月で、月の出に部分月食(ほとんど皆既月食に近い……)が始まります。天気が良ければ、眺めてみようと思います。……が、果たして見えるかどうか……です。その日にならないと、天気だけはどうなるのか、分かりません。

 という訳で、小休止です。また雨が降ってきました、でーす。

データ/ビクセンSX2・セレストロンC8・EOSKissX8i・ISO3200・45秒・20コマ合成・2021年10月2日21時

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

ケフェウス座のIC1396

Ic1396blog_20211104185101  先週UPしたケフェウス座にある散光星雲です。ガーネットスターの南側に大きく広がっている赤い星雲です。IC1396というカタログ番号が付けられています。とても淡い星雲でISO3200で露出時間120秒ほどでした。ボーグの55FLは、絞り3.6で、とても明るいレンズなんですが、結構長い露出時間です。相当暗い星雲なんですね。ビクセンのAP赤道儀は一軸で使っていますが、追尾の安定度はイマイチのようです。軽いレンズの方が追尾不良で流れるコマが多いような気がします。レンズが軽すぎるので、不安定なのでしょうか……よく分かりません。

 写真の明るい星ガーネットスターも、派手に赤みを帯びていて、きれいに輝いています。IC1396は、とても大きな散光星雲で、大きさは、満月の6倍はありそうです。とても巨大です。暗黒星雲があちこちにたくさん広がっていて、とても複雑な構造のようです。大口径で覗くと、すごい迫力なんでしょうねえ。散光星雲の背後には、たくさんの星が写っています。このケフェウス座自体が、天の川銀河の近くなので、賑やかなのでしょう。これほど巨大ならば、カメラレンズでも簡単に撮影できそうです。また、一度試してみます。

 ところで、今夜の天気は、今(19時30分)の空は、少しだけ雲が流れています。21時ごろには晴れてきそうな感じがするのですが……でも、分かりません……です。このところPM2.5の影響が大きくて、何となく空が白っぽい印象です。秋から冬にかけて、移動性高気圧が東シナ海を移動するときは、頻繁に起こります。冬は冬で、雲が多い日が続きます。鹿児島県の薩摩半島は、太平洋側ではなく、裏日本側なんですね。こちらに引っ越してきて気が付きました。まあ、贅沢は言えませんが、時々秋晴れの夜空が見たいですね。冬は寒くてもいいから、透き通った星空が見たいですね。

 という訳で、裏庭で星々の明るさを見てきます。今夜もアナグマたちが遊んでいるかも、です。

データ/ビクセンAP・ボーグ55FL・EOS60D(改造)・QBフィルター使用・ISO3200・120秒・25コマ合成・2021年9月9日21時40分

| | コメント (0)

2021年10月28日 (木)

ケフェウス座

 Blog_20211028191701 ケフェウス座は、紀元前1300年ほど前につくられた星座で、トレミーの48星座のひとつです。ギリシャ神話によると、ケフェウスは古代エチオピア王で、とても勇敢な王だったと言われています。古代エチオピアというのは、アフリカ大陸中央部ではなく地中海に面した地域にあったようです。ケフェウス座は、ギリシャ神話の中で、古代エチオピア王家の物語として伝えられている6つの星座の中の一つです。隣のカシオペヤは王妃で、その隣のアンドロメダ姫は娘です。鎖に繋がれたアンドロメダ姫を化けクジラが襲い掛かるのですが、飛馬ペガススに乗った勇者ペルセウスが助ける……というとても有名な話です。これだけでも、秋の星座は語ることが出来そうな、プラネタリウムの一番人気の物語です。アンドロメダ姫とペルセウスはその後結婚するのですが、結婚式の披露宴でも、また激しい戦いがあり、迫力満点のアクション映画のように作られた物語です。

 写真が、ケフェウス座です。北の空にある5角形を見つけると、その形が国王の姿なんですが、いろいろ想像してみても、人間の姿にはなりません……少々無理な感じです。5角形といっても、2等星がひとつで、その他の星は3等星よりも暗い星ばかりなので、明るい都市部では肉眼で見つけるのは無理かも、です。10月の中旬には、北極星の上方に来ます。写真は90度傾けているので、この位置に来るのはクリスマスの頃の夜10時頃でしょうか……。北極星にとても近いので、薩摩半島でも(見晴らしがよい所では)一年中見ることが出来そうです。写真の中のガーネットスターというのは、超赤色巨星で、変光星です。ガーネットというのは、イギリスの天文学者ハーシェルが名付けたそうで、日本語では〈ざくろ〉です。写真では、赤っぽさは確認できませんが……暗すぎるのでしょう……。

 今夜は、夜空が少し霞んでいて、視界はあまりよくありません。PM2.5の影響のようです。時々こんな感じの夜空になります。大気がどんどん汚れていくようで、これからの時代は大変です。将来、地球上の大気や海はどうなるのでしょうか……。という訳で、澄み切った星空ではないので、PCに向かって作業をしています。

 追伸 2週間ほど前でしょうか……。部屋の前を仲良しのアナグマ兄弟が横切った夜ですが、オリオンの三ツ星が昇ってきているのを今年初めて観察しました。もうすぐ冬になりそうで、賑やかな星空が楽しみです。

データ/ケンコースカイメモS・シグマ11~20ミリF2.8・EOSM5・ISO1600・f4・30秒・ソフトフィルター使用

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

みずがめ座の球状星団M2

 M2blog ちょうど1週間前は、真夏のような気温で、ムシムシの天気でした。その週末から天気は一変しました。気温は10度近くも下がり、涼しさを通り過ぎて少々寒くなりました。この1週間で、季節は2か月ほど先に進みました。天気予報では、12月の気温だそうで、こんな天気の変わり方に、とても驚きです。やがて、異常な猛暑がやってきたり、ある朝突然に氷河期がやってきたり……そんな日が来るかも知れません。考えれば……恐ろしいことですね。地球は、とても不安定な状態で存在しているような、そんな気がします。

 まあ、それはそれとして、写真は、みずがめ座の球状星団M2です。この球状星団の撮影は、初めてのような気がします。みずがめ座というのは、ペガスス座の南側にあるのですが、明るい星がないので、その場所を探すのがとても大変です。さらに南へ行くと、みなみのうお座の1等星フォーマルハウトがあります。この星は明るいので、すぐ分かります。という訳で、星々を辿りM2を探すのは諦めました。結局は、自動導入という最後の手段です。SX2-スターブック10で自動導入すると、一発で探し出してくれます。エライ……エライ……です。便利なことは、時にはいいことかも、です。それからは、のんびりシャッターを切ればいいわけで、とてもスムーズです。最近は、感度を3200にして撮影しています。

 この球状星団M2は、密集度が高く、中央部が白トビしているような感じです。地球からの距離は3万7千光年です。天の川銀河の直径が10万光年なので、非常に遠いという感じがします。M2の直径が170光年ということを考えると、この球状星団が如何に巨大なものかが分かります。遥かに遠いものが、小さな望遠鏡で見える、というのも、また不思議です。この写真だけでは想像できませんが、星の個数は15万個程だと言われていますが、それそれの星が、どのように密集しているのかは、いまだによく分かっていないようです。それは、中心部が全く見えないからでしょう。中央部にブラックホールがあるのでは、と言われていますが、とても不思議な星の集団です。星々の年齢も100憶歳以上だと推定されているようです。一体内部はどうなっているのでしょうか……それが知りたいですね……。それでも、そんな星々にも惑星があるのかも知れません。知的生命体が生存しているとすれば、彼らが見ている星空はどんな空なのか……考えるだけで、異常に好奇心が燃えてきます。宇宙の神秘さは、とても深い深い感じがします。それと同時に、観察しているこちらの人間の存在もまた不思議です。

 まあ、そんな訳で、不思議な世界を垣間見ています。今夜は雨なので、雲が分厚く、明るい月明かりも全く見えません。夜は、ヒンヤリヒンヤリです。ここで、ちょっと小休止です……。今夜から、YEBISUビールは常温で飲むことに決めました。

データ/ビクセンSX2・シュミカセC8・専用レデューサー・EOSKissX8i・ISO3200・45秒・20コマ合成・2021年9月2日21時50分

 

| | コメント (2)

2021年10月14日 (木)

10月の西の空

Blog_20211014142501  写真は、10月3日の21時頃の西空です。薩摩半島は、9月下旬から10月中頃まで、とても良い天気が続いていて、夜空の状態はとてもGooです。しかし、毎日真夏日の連続で、朝夕もかなり蒸し暑い風が吹いています。今年の真夏日の日数も、100日近いようで、記録を更新するのでは、という感じだそうです。北海道では、山々が初冠雪だったりして、もう冬がすぐそこまで来ているそうですが、薩摩半島の亜熱帯のような気候は、何故か別な国のような気がします。

 写真中央が、真西方向です。夏の大三角も健在で、撮影にいちばん適した感じのイメージです。写真中央のこと座も写真左上のわし座も、それに上方のはくちょう座も星座の形がはっきりと分かります。こと座の平行四辺形(3等星2個、4等星2個)も確認できます。超広角レンズですが、結構クリヤーです。天の川がくっきりと見えたので、それをメインにしたのですが、思った以上に、くっきり鮮やかに写っています。薩摩半島の西側はほとんど街明かりがないので、夜空は漆黒の闇のような場所です。東シナ海も、夜に漁船が漁をすることもないので、暗黒の世界かも、です。そんなところなので、時々変な飛行物体も飛ぶのでしょうか……。天の川も、もう4,5時間もすれば、東シナ海の向こうに沈むはずです。海の中に沈んでいく天の川を撮りたいので、その場所を探しています。今年は無理としても、来年はそれに挑戦します……。

 毎日昼間は30度越えで、夜は熱帯夜です。朝方もなかなか気温が下がらず、のたうち回りながら、朝を迎えます(朝といっても起きるのは9時なんですが……)。今年は異常なことばかりで、早く元のいつもの気候にもどって欲しいものです。来週から秋らしくなるそうですが、本当なのかどうかは、まだ分かりません。

 という訳で、月も上弦を過ぎて、満月に向かっています。月面をCMOSカメラで撮影する予定ですが、月の高度が低いので、上手くいくかどうかは分かりません。現在の時刻は15時30分。今日はPM2.5の影響で、何となく山の稜線が霞んでいます。撮影には、イマイチかもです。

データ/ケンコースカイメモS・トキナー11~20ミリ・F2.8・EOS KissX8i・ISO1600・f4・25秒・ソフトフィルター使用・2021年10月3日21時10分

| | コメント (2)

2021年10月 7日 (木)

はくちょう座のM39

M39blog  10月に入ってからすっきりした天気が続いていて、星見人間にとっては快適な夜空になっています。昨夜も、夜11時ごろまで、撮影・観望していました。空の透明度が、珍しく最高の状態でした。天の川もくっきりで、なかなか見ごたえがあります。久し振りに、夜空の星々の美しさに感動しました……懐かしさを感じる光景でした。しかし、秋の半ばに差し掛かって、東の空にはもう冬の星座が昇ってきました。東の空やや高く、スバルが昇っているではありませんか……。その北方向には、ぎょしゃ座のカペラ、低い山の稜線にはアルデバランも見え始めました。真夜中には、ペガススの四辺形は天頂付近に昇っているはずです。季節の移り変わりは、当たり前ですが、順調です。

 ところで、写真は夏の星座、はくちょう座にある散開星団M39です。1等星デネブの北東10度ほどでしょうか、可愛い感じの星の集団です。この周辺は、天の川が流れているので、後方は、星々の海になっています。その中でも、やや明るい星が20個ほど輝いて見えています。青白い星が多いのでは、と思います。散開星団にしては、少し寂しいのですが、こじんまりしていて、それなりにいい感じもします。6倍の双眼鏡で眺めてみましたが、星があまりにも多く見えて、探しにくく苦労しました。多分これだろうという感じで、何とか探し出したつもりですが……確かなことは言えません。大きさは満月ほどですが、特徴がないので、見つけるのも大変です。この散開星団は4.5等級の明るで、晴れた夜には肉眼でも見えると、天文書には書いていますが、肉眼では少々無理な感じもします(視力の問題かも)。

 薩摩半島の今夜の天気は、今(午後4時ごろ)の時点で、晴れ時々曇り……なんていう感じでしょうか。今日は蒸し暑かったので、雲が結構多いかも、です。南からの暖湿風というのでしょうか、30度以上のジメジメな風が吹いています。という訳で、夜の天気は、全く分かりません、です。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・ISO1600・40秒・2021年8月4日9時30分

 

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木)

CMOSカメラでファーストライト

Blog_20210930135901  一昨日、CMOSカメラで初めて夜空を撮影しました。テスト撮影のため外に出たところ、雲が少し出ていて、無理のような気もしましたが、木星が明るく輝いていたので、木星の撮影を試してみました。新しいノートPCを満充電して、機材を準備し、作業に取り掛かりました。それからが結構大変でした。先ず大変だったのは、最近のPCには、USBのAコネクターがひとつしか装備されていないんですね。そこで、USBハブを追加して、つなげてみました。PCを外で使おうとすると、少しは大きな容量のバッテリーが必要です。レンズのヒーター用にも使うし、CMOSカメラの電源、さらにPC用電源も必要です。設置している途中、暗い所でコードが絡み合って、準備するだけでもなかなか能率よくいきませんでした。

 左の写真が、ファーストライトの画像です。CMOSカメラは、ZWO社のASI183MCという、非冷却の初心者が使う低価格のものです。キャプチャーソフトは、ZWO社のASICapというソフトです。初めてなので、初期画面から難解ものでした。それよりも、使う予定のEOS 用の180ミリのマクロレンズを、木星に向けなければなりません。そのためにEOSのカメラボディを取り付けて、液晶画面で木星探しです。何とか探して、画面中央に固定しました。それから、EOSボディーをCMOSカメラと入れ替えて、PCに接続……ここからが撮影段階です。先ずは、ピント合わせです。これには、バーティノフマスクが使えて、何とか安心しました。ところがピント合わせですが、反応が遅いので、なかなかピンが決まりません。多分、USBハブを使ったので、速度が落ちてしまっているようでした。もう少し、何か工夫すべきかも、です。……とか、何とか独りでブツブツ言いながらも、撮影できました。

 写真が、やぎ座を移動している木星の画像です。赤道儀は、ビクセンの1軸AP赤道儀です。露出時間20秒、ゲインが240です。2分ほどの撮影時間でしたが、5コマ撮影されていました。この画像を見て、少々驚きでした。それは、CMOSカメラの感度の良さです。木星のガリレオ衛星の4個がクリヤーに、それも構図も良く写っているではありませんか……。それも、結構くっきりと……。180ミリのレンズですが、センサーサイズが小さいので、多分500ミリ程度の望遠になっているようです。画像は、2コマ合成しています。4個のガリレオ衛星の並びの向きが、太陽の方向になっているので、とてもリアルな感じです。

 という訳で、最初にしては、まあ上出来かも……と、ひとりで満足していますが、課題が増えるばかりです。今夜も天気が良さそうなので、午後の時間にブログを書いています。今夜晴れれば、セカンドライトです。まあ、天気の具合ですが……。これから、夕食の準備でーす。

データ/ビクセンAP・180ミリF3.5・ZWOASI183MC・20秒・ゲイン240・2021年9月28日21時

 

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

はくちょう座の北アメリカ星雲とペリカン星雲

Blog_20210923190801  写真は、はくちょう座の散光星雲、北アメリカ星雲とペリカン星雲です。北アメリカ大陸とペリカンに似ているところから、愛称が付けられています。確かに、その呼び名の通り、とてもよく似ている感じです。最初に名前を付けた人は、エライというか……正解です。画面右上隅で輝いている明るい星が、はくちょう座の1等星デネブです。毎年撮影しているような記憶ですが、なかなか上手く撮れませんでした。撮影は、大気の状態が大きく影響します。ここ薩摩半島では春から秋までの半年間、水蒸気がとても多いので、夜空の状態はいつもイマイチのような気がします。しかし、今回は結構いい感じかな、というよりも、自分としては最高の画像かも、です。この夜は、結露が異常に多くて、撮影後の赤道儀や三脚は水滴でビチョビチョでした。結露がヒドイ時の方が大気の状態がいいんでしょうか、夏は?……よく分かりませんが……。

 ところで、この北アメリカ星雲は、散光星雲としては超大型です。星雲までの距離は2000光年程だそうですが、その距離を考慮すると、いかに巨大かが分かります。隣のペリカン星雲は北アメリカ星雲と繋がっていて、その手前に濃い星間ガスである暗黒星雲が広がっているようです。その暗黒星雲の広がり方が、どういう訳か左向きのペリカンの姿をつくっています。とてもユーモラスで、何故かほっとする光景です。今までは、このペリカンの口元がうまく撮れませんでしたが、今回はそれらしく見えています。ちなみに、北アメリカ星雲はNGC7000、ペリカン星雲はIC5067というカタログナンバーが付いています。

 夏は水蒸気が多くて、撮影や観望に苦労しています。この5,6年は、特に水蒸気が多くなったような気がします。この薩摩半島だけではなく、日本列島全体がジメジメになっているのかも……です。

 まあ、そんな訳で、少しは涼しくて、さわやかな秋(星空はすっかり秋になっていますが)の到来を待つことにします。

データ/ビクセンAP・ボーグ55FL・専用レデューサー・QBフィルター使用・EOS60D(改造)・ISO3200・90秒・20コマ合成・2021年8月27日21時

 

| | コメント (0)

«わし座の暗黒星雲B142とB143