2020年9月24日 (木)

いて座のM22周辺

M22blog_20200924193101  今日は、一日中雨でした。秋雨前線とは言え、梅雨時の雨の降り方です。今年は、6月、7月は梅雨らしい梅雨で、梅雨の中休みもない雨続きでした。それが8月に入って、突然猛暑となって、ガンガンムシムシの夏になりました。それから9月になると、またもや秋雨前線の雨の日々です。お彼岸が過ぎても、秋らしいさわやかな青空もほとんどなく、曼殊沙華の赤い色もさえません。明日からは、少しは秋らしくなるそうですが、どうなることか……。

 写真は、いて座にある球状星団M22付近です。9月に入っても、天の川はまだまだ健在です。今年は、いて座を移動中の木星と土星がとても明るく輝いているので、例年になく賑やかです。薩摩半島では、9月の今頃の方が、天の川は見やすく、撮影にも最適です。東の空は錦江湾や都市部の街明かりで、空がやや明るい感じです。西側は南シナ海なので、まるで暗黒の夜空です。という訳で、天頂付近から西側に傾いた頃が、星空は最高の状態になります。

 写真中央の少し左上にある明るい光が、球状星団M22です。毎年眺めたり、撮影したりしていますが、一番好きな〈眺め〉です。このM22は、5.1等級の明るさですが、不思議なことに肉眼でもはっきり見えます。天の川の星々の海の中でも、とても明るく見えます。中央やや右下のいて座のλ(ラムダ)星を目印にM22を探すのですが、このλ星の明るさは3等級だと思いますが、写真では、M22よりもはるかに暗く写っています。写真と肉眼で見るのとでは、明るさの見え方が全く逆になっています。何故そうなるのかは分かりません。この写真には、もうひとつ、球状星団が見えます。λ星の北西側にとても小さいのですが、球状星団M28です。このM28の明るさが7等級ということで、肉眼では全く見えませんが、双眼鏡では見えるはずです。この周辺は、双眼鏡で眺めるとまた違った楽しみ方ができるのでは……と思います。天の川の星々を眺めていると、とても気持ちが良いのですが……どうしてなのか、いまだによく分かりません。

 雨が止みかけたようで、遠くでいつものようにヌエの鳴き声がします。という訳で、ちょっと小休止します、です。

データ/ケンコースカイメモS・ボーグFL55・EOSKissX8i・ISO1600・40秒・2020年8月14日20時50分

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

こぐま座

Blog_20200917190101  こぐま座というと、本当は春の星座なんでしょうけれど、春の盛りより夏の方が見やすいような気がします。日本では一年中観察できると書かれていますが、我が家の裏庭では、春は樹木が邪魔して見えません。いちばんよく見えるのは7月の後半から8月ごろです。北極星の上方に見えるので、眺めるのには一番楽です。南のさそり座から北極星の方向に視線を移すと、ちょうどこぐま座に行きつきます。そう考えると、夏の星座にしてもいいのでは……そんな想いです。

 写真が、こぐま座です。トレミーの48星座のひとつで、紀元前1300年頃にはもう知られていた星座のようです。右寄り中ほどの明るい星が北極星(ポラリス)です。その北極星から左カーブで4個の星が並び、北斗七星の形とそっくりで(ひしゃくの柄の曲がり具合は全く逆ですが)、子熊が親熊を追いかけて天上を回っている姿です。親熊は、地平線に沈みかけているので全景は見えませんが、まあ、何というか、うまく考えてものです。古代の人々の豊かな想像力には、いつも感心しています……。これは4日前の夜9時過ぎに撮影した、こぐま座の位置です。我が家の裏庭では、夏の星座になっています。

 左上方のいくつかの明るい星は、りゅう座の星々です。もう少し見晴らしのよいポイントで、りゅう座やおおぐま座、ケフェウス座、カシオペア座、きりん座などを超ワイドレンズで撮影してきます。北の空は特別に明るい星が少ないのですが、それなりに楽しめる感じもします。

 という訳で、今夜も近くでヌエが鳴いているのですが、真っ暗な裏庭の様子をちょっとだけ、アイスコーヒーを飲みながら見てきます。

データ/ケンコースカイメモS・シグマ30ミリF1.4・EOSKissX8i・ISO1600・f3.2・20秒・ソフトフィルター使用・3コマ合成・2020年9月13日21時10分

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

へび座とへびつかい座

Blog_20200910191101  この夏に初めて撮影した、へび座とへびつかい座です。さそり座とヘルクレス座の間の広い領域に、このへび座とへびつかい座があります。夏にはよく眺めていたのですが、写真にすると、星座の大きさや形がとてもよく分かります。さそり座の北側の5角形の形が分かれば、それがへびつかい座の身体部分です。その西側と東側に分かれてくっついているのがへび座の頭と尾です。紀元前3000年頃のバビロニアでは、へび座とへびつかい座はひとつの星座だったようです。それを二つの星座に分割したのは、プトレマイオスだったと言われています。どうしてそうしたのか分かりませんが、二つの星座を合わせると、全天で最大の星座になるので、というのが理由かも知れません。

 へび座の星座線は青で、へびつかい座の星座線は赤で引いています。確かに、へび使いがへびを両手で持って操っている様子に見えてきます。へび使いの足も見えているし、へびの頭の形も正解です。うまくバランスの取れた星座の形です。いつも感心するのですが、うまく星と星とのつながりをつくっています。何千年というとても長い時間の成果でしょうが、不思議でたまりません。へび座とへびつかい座もギリシャ神話の中の物語に関係するのでしょうが、現代的に言えば……へび使いの大道芸人が、たくさんの人々の前で、賑やかな音楽に合わせて、へびも踊り、本人も楽しく踊っている……そんな光景に見えてきます。そんな風に想像すると、星座の世界もとても奥が深い感じです。

 夏の天の川とその周辺部、さそり座は見えていませんが、星々の海が広がっていて、とても賑やかな領域です。おまけに今年は、木星と土星が仲良く並んで移動しています。さらに東の空には、火星も赤く輝いています。こんな年も珍しいのかも、です。

 今夜は雨がしとしと降っています。秋雨前線による雨のようですが、まだまだ蒸し暑いので、気分はイマイチです。という訳で、今日はYEBISUで乾杯しまーす。

データ/ケンコースカイメモS・トキナー11~20ミリF2.8・EOSKissX8i・ISO1600・f3.2・20秒・ソフトフィルター使用・2020年8月13日20時28分・薩摩半島の我が家の裏庭にて

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

北アメリカ星雲とペリカン星雲

Blog_20200903194001  台風9号が去っていったのですが、すぐに次の台風10号が南の海上を北上しています。台風が多い年は、連続して来るらしいです。そのため、薩摩半島ではムシムシの日が続いています。いつまで続くのか分かりませんが、お彼岸までには何とか涼しくなって欲しいですね。

 写真は、はくちょう座にある散光星雲です。左は北アメリカ星雲で、右の小さ目なのがペリカン星雲です。確かに、北アメリカ星雲はその形が北アメリカに似ているし、ペリカン星雲もよくよく見れば左を向いたペリカンに似ている感じもします。右隅の明るい星は、夏の大三角のひとつ、はくちょう座の1等星デネブです。二つの星雲はとても大きな星雲で、200ミリ(APSサイズでは約300ミリ相当)レンズで、これほど大きく写ります。北アメリカ星雲もペリカン星雲も、地球からの距離が1800光年ほどで、ほとんど同じ領域にあるチリとガスの巨大な雲です。満月の15個分ほどの広さなんでしょうか……。写真写りが良いので、とても人気のある散光星雲です。天の川の流れの中なので、後方の星々がとても賑やかに輝いています。とてもいい感じです。

 この撮影は、梅雨明け後の、満月過ぎのくっきり晴れた日でした。透明度が良く、天の川がとても明るく見えた夜でした。年に数回しかないような、最近では珍しい最高の透明度だったのでしょうか……。くっきりと星々が見えれば、気分は最高です。来週、台風が去った後の美しい星空をゆっくり待つことにします。

この夏も、ヌエが度々やって来て、大木の頂上で気持ち悪い声で鳴くんですが〈ヌエの無く夜は恐ろしい〉というどこかで聴いた語りを思い出しながら、じーっと我慢しています。いろいろなことを感じながら、コーヒーブレイクです。

データ/ビクセンSX2・ボーグ55FL・専用レデューサー・EOS60D(改造)・QBフィルター使用・ISO1600・150秒・2020年8月11日22時00分頃

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

二重星アルビレオ

Blog_20200827194201  ちょうど8月下旬の9時頃、天の川が天頂付近を通って、南西側のさそり座方向に延びています。天頂付近には、優雅な姿のはくちょう座が見えます。その白鳥の頭の先、くちばしを示す星が、二重星アルビレオです。織姫のベガと彦星のアルタイルを結んだ線の真ん中あたりに、はくちょう座のβ星アルビレオがあります。この二重星を初めて望遠鏡で眺めました。双眼鏡では二重星に見えなくて、望遠鏡で少し倍率を上げると見えてきます。このアルビレオはありふれた普通の3等星ですが、注目されるようになったのは、オレンジっぽい3等星のすぐそばに青白い5等星がくっついている二重星だと分かってからです。夜空に輝く宝石のように見えるところから、一躍有名になりました。確かに肉眼で見ると、オレンジらしく、青じろっぽく見えます。とても見ごたえがあります。

 その画像が、左の写真です。写真にすると、色の感じはイマイチでした。青白さがほとんど出ていません。短めの望遠鏡の方が色が出やすいのかも知れませんが、星の分離がうまくいきませんでした。写真は、左方向が天の北方向です。明るい星が3等星アルビレオで、隣にくっついている星が5等星です。二重星といっても、互いに重力で結びついている場合を連星といい、偶然同じ方向に見えている場合を見かけの二重星と言います。アルビレオの場合は、見かけの二重星だろう、という観測結果が最近発表されているそうですが……。

 このアルビレオをさらに有名にしたのが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」でしょうか。その中で、この二重星をサファイアとトパーズに例えて<……眼もさめるような青宝玉(サファイア)と黄玉(トパーズ)の大きなすきとおった球が、輪になってしずかにくるくるとまわっていました……>と描写しています。北天の宝石とまで言われる理由がわかる気もします。この「銀河鉄道の夜」はとても悲しい物語なのですが、逆に生きる希望や勇気も与えているのかも知れません。天国に向かう天の川銀河鉄道なのですが、そこには……地球も人間も星からの贈り物、人間の故郷は星々の海だ……という科学的なメッセージも隠されているような気がします。「銀河鉄道の夜」をまた読んでみます。

ということで、インスタントコーヒーを飲みながら小休止です。

データ/ビクセンGP2・8インチシュミカセ・専用レデューサー・EOSM3・ISO1600・25秒・2020年8月12日20時41分

 

 

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

こと座のM57

Blog_20200821201701  さっきまで、雷雨がありました。久し振りというか、珍しく激しいい雷と雨が降ってきました。PCを立ち上げていたのですが、すぐ近くまで雷鳴が響くので、小休止していました。やはり雷も怖いものです。この3週間は、灼熱地獄とは言いませんが、灼熱の日々でした。この暑さは、来週も続くようです。冬の寒さが恋しくなります。早く涼しくなって欲しいものですね。

 写真は、こと座の惑星状星雲M57です。別名をリング星雲とか、ドーナツ星雲などと呼ばれていて、とても人気のある星雲です。何年か前に撮影しましたが、明るいコバルトブルーが美しい星雲です。本当は、改造ボディーで撮影した方が、赤い色合いが出てリアルになるのかも知れません。ただ、視直径がとても小さく、楕円形の長辺がたったの2分(30分の1度)ほどです。焦点距離2000ミリの望遠鏡で撮影して、それを20倍ほど拡大しているのが、左の画像です。このM57は、恒星が最期を迎えて大爆発の後、周辺部が周りに吹っ飛んでいった後の名残だそうです。中心部にある星は、もとの恒星の中心核では、と思います。この中心核は、白色矮星と呼ばれていて、太陽もこのような最期を迎えるそうです。その時は、すべての惑星も小惑星も全部宇宙空間に吹き飛ばされるのでしょうか……ねえ……人間がいれば人間も……。

 8月の下旬の今頃、夜の11時頃になると天の川がちょうど天頂を横切っていきます。晴れていれば、その迫力ある姿を眺めることが出来ます。地上に横たわって、のんびり星空を眺めたいのですが、今はまだ熱帯夜なので、もう少し様子見しているところです。

そういう訳で、雨の止んだ裏庭を散歩してきます。さっき裏庭の高い樹木の上で、ヌエの鳴き声がしたようで……、少し気味が悪いのですが……。

データ/ビクセンSX2・セレストロンC8・専用レデューサー・EOSM3・ISO3200・30秒・20コマ合成・2020年8月12日20時30分

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

真夏の天の川

2blog_20200814141201  真夏も真夏で、猛暑も猛暑で、焼けつくような毎日です。おまけに日が沈んでも、ほとんど暑さが変わらない毎日です。夜はほとんど雲もなく晴天なんですが、ちょっと星を眺めるだけで汗が出てきます。そんな中の撮影でした。今年の天の川は、とても賑やかです。いて座近くには、明るい木星と土星がくっついて並んでいます。とても珍しいのかも、です。写真左方向が北です。はくちょう座のデネブ付近には、少し雲がかかって明るくなっています。南の空はくっきりと晴れ渡っていて、星々の海が繋がっています。特別な場所に行かなくても、裏庭に出れば天の川が見える、それが田舎のいい所です。以前住んでいた神戸では、天の川はもちろん、明るい星さえ見えませんでした。

 星空の撮影は、とても簡単です。この時も、三脚にカメラを固定して、数コマ撮影しただけです。拡大して見ると、星が数コマ分の数分だけ移動しているのが分かります。超広角レンズなので、星の流れはほとんど目立ちません。こういう撮り方もあるし、ちゃんと赤道儀に乗せて追尾しながら撮ることもあります。使い方で選びますが、まあ、どちらも割と簡単です。それでも、こんな暑い夜に撮影する時は、冷たい飲み物が必要です。夜でも、熱中症の心配もありますので……。

 8月のお盆を過ぎた夜10時頃には、さそり座やへびつかい座などは、子午線を遥かに超えて西の空に傾きかけています。星空を眺めていると季節の移り変わりがよく分かります。夜空は秋の空になり始めています。はくちょう座の後ろには、秋の星座ペガススが昇っているはずです。という訳で、今夜も暑い中、星々の海を眺めてみます。

データ/ケンコースカイメモS・トキナー11~20ミリF2.8・EOSKissX8i・ISO1600・f3.5・20秒・ソフトフィルター使用・2020年8月12日21時40分

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

かんむり座

Blog_20200806194401  このところ、異常な暑さが続いています。もう1週間ほどになりますが、猛暑日一歩手前の感じです。夏は暑いのが当たり前ですが、もう少しメリハリがあって、朝夕は涼しいとか、日陰は涼風があって気持ちがいいなんて、以前はそんな夏が普通でしたけれど……。最近の夏は、一日中熱風の中で暮らしている気がします。薩摩半島の田舎では、最近特に人の姿を目にしない時間がとても多い感じで、少々心配です。

 写真は、昨夜撮影した、かんむり座です。星座線を引いていませんが、何となくわかるような星座の形です。7個の星が、ちょうどうまく円形になっています。8月の上旬の今頃、21時近くになると、子午線を超えて西側の空に傾きかけています。天頂付近なので、眺めるのにとても苦労します。一番目立つ星が、α星ゲンマ(ラテン語)で、明るい2等星です。ゲンマというのは宝石の意味だそうで、王冠を意味しているそうです。この星以外は明るくはありませんが、双眼鏡で眺めると、写真のように円弧を描いているのが分かります。古代の人々は、かんむりの形全体が見えたのでしょう。この星座は、トレミーの48星座の中でも、5000年以上前から知られている最も古い星座の中のひとつです。

 久し振りに少しだけクリヤーな空だったので、もう少し近辺を撮影しようと思っていたのですが、満月過ぎの明るい月が昇ってきたので、時間切れで終了しました。最近は、水蒸気が多いのか、PM2.5の影響なのか分かりませんが、大気の状態がとても悪い感じで、星見の機会もなかなかありません。全国的な傾向なのでしょうか……。

 という訳で、とても薄いアイスコーヒーで、乾杯します。

データ/ケンコースカイメモS・タムロン90ミリF2.8・ISO1600・f4・25秒・ソフトフィルター使用・2020年8月5日20時40分頃

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

てんびん座の球状星団NGC5897

 Ngc5897blog 今日7月30日は、とても私的なことですが、星見を始めた日です。以前住んでいた神戸から鹿児島に引っ越してきて、1等星がやっと見える夜空から条件が良ければ4等星まで見える夜空に変わりました。夜空の暗さは、理想的でした。夜空を肉眼と双眼鏡で眺めること数年……、8年前にやっと(ある程度)本格的に、星見と天体写真を開始しました。今やっと、星空を自由に楽しめるかな……という感じです。という訳で、もう少し続けてみます。

 写真は、てんびん座の球状星団NGC5897です。てんびん座は、おとめ座とさそり座の間にありますが、肉眼で見える星は二つしかなく、ほとんど星座の形は分かりません。この球状星団も暗すぎて、双眼鏡でも見ることが出来ませんでした。この時だけは、自動導入を利用しました。それでも撮影してみないと、本当に導入されているのかどうかは、分かりません。球状星団と言えば、撮影後すぐに分かるほど星が密集していますが、この球状星団はそんなイメージではなく、まるで散開星団のような地味な星の集まりでした。密集度がとても低く、中心部も結構暗い感じです。明るさは8.6等級ですが、輝きが弱いので、双眼鏡では確認できないはずです。この球状星団も初めて撮影でした。暗い星団・星雲の方が圧倒的に多いはずなので、また、あちこち探してみます。

 薩摩半島もやっと長い梅雨が明けました。梅雨が明けた途端に、高温注意報です。ガンガンの太陽光線と、ジメジメ・ムシムシの地上の空気に負けず、何とか夏を乗り切りたいですね。という訳で、小休止して月齢9.4の月面を眺めてきます。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・IOS3200・50秒・2020年6月22日21時30分

 

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

ネオワイズ彗星 7月21日

Blog_20200723193901  7月21日(火)に、ネオワイズ彗星を撮影しました。彗星を肉眼で観たのも、これが初めてで、感動モノでした。肉眼で眺めるのも、これが最初で最後かも、という想いでした。このネオワイズ彗星は5月ごろから気になっていたのですが、梅雨が終わらない中、久し振りに晴れた日の夜(新月の夜)に、近くの干拓地でロケでした。この干拓地というのは、自宅から車で1分。同じ集落なのですが、農作業小屋と畑作地だけなので明かりが全くありません。観望や撮影には最適な場所なのですが、足元さえ見えない暗さなので、移動するのも結構気を使います。おまけに、イノシシに遭遇するかも……ということで、聴覚だけは野生モードです。

 夜8時前から準備して、1時間半ほど観望・撮影をしました。その中の一コマが左の写真です。日没後30分ほどで彗星は見え始めていましたが、星々が明るく見え始めた21時頃の撮影です。実際に見えた感じも、この写真と同じ雰囲気でした。写真中央の上部には、北斗七星の一部も見えています。彗星の光度は2.9等級ということだったのですが、もっと明るく見えた感じです。少しだけコントラストをつけていますが、真っ暗な東シナ海をバックにするとこんな感じで、星々がより明るく見えるようです。写真の右下の明かりは、ちょうど北方向の薩摩半島最北部のいちき串木野市の、市来(右)の街明かりと串木野(左)の街明かりだと思います。35キロ程離れていますが、街の明かりは結構明るいんですね。その他の地上の明かりは見えません。東シナ海では定期航路もなく、漁船の明かりもありません。

 ほとんど快晴の星空の下、とても楽しいロケーションでした。本当は天の川も撮影しようと思っていたのですが、最適なポイントを探すなら、車の入れない真っ暗な堤防道路を何百メートルも歩かなければならないので、またの機会にしました。という訳で、久し振りに、香るエールで乾杯でーす。

データ/ケンコースカイメモS・トキナー11~20ミリF2.8・EOSKissX8i・20ミリf4・ISO1600・30秒・2020年7月21日21時10分

| | コメント (0)

«こと座