2018年11月15日 (木)

月面XとV

Xblog 今日の夕方、月面にXの文字が見えるということだったので、夕食後、慌てて機材を玄関先に出しました。日が西に傾くころには雲が多くて、今夜は曇り空の予想でした。ところが、夕焼け空になると、急に晴れ渡り、きれいな空になっていました。

 という訳で、月面の撮影を開始しました。鏡筒内を充分に外気になじませていないので、液晶画面に映る月面は、ゆらゆらしています。こんな時は、ピント合わせがとても大変です。それでも、何とか数十コマ撮影しました。

 今日の月齢は、7.5で、上弦の月のようです。月齢というのは、正午における月齢なので、その日の夕方6時頃は、月齢は7.75ということになります。上弦の月なんですが、夜の起きている時間に、月齢7.75になるのは、確率的に小さいのでは、と思います。おまけに、雲が出て、月が見えない時の方がはるかに多いので、結構珍しい眺めです。

 ところで、画面中央の少し上にある目立つの2つのクレーターは、南側がアルパテグニウスで、そのすぐ北側がヒッパルコスです。そして、さらにその北側に、文字Vが見えます。偶然に、XとVの文字が見えました。XとVといって、文字らしきものに見えるだけで、まあ、遊びの範囲です。

 最近、若い天文ファンの間で、月面のアルファベットの文字探しが流行っているようです。A~Zまで探しているらしいのですが、果たして、簡単に見つかるものなのでしょうか。月が出ているときは、星がとても見にくいので、月と遊ぶという感じで、結構面白いものかも知れません。

 そういう訳で、今夜は月面のXとVに、Asahiのビアーホール仕立ての黒で乾杯しま~す。

データ/ビクセンGP2・8インチシュミットカセグレン・専用レデューサー・EOSM5・ISO800・500分の1・2018年11月15日18時21分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

ペガスス座のM15

M15blog 11月の中旬の夜9時頃に、ペガスス座が天頂付近に昇ります。眺めるのには、少々苦しいですが、撮影にはとてもいい感じです。天馬ペガサスの頭の先、というか口元なんでしょうか、そこにこの球状星団M15があります。明るさが6.2等級なので、肉眼では見えません。6倍程度の双眼鏡でも、星の集団という感じには見えません。

 この写真は、上方が天の北極方向です。写真に撮ってみて、画像を眺めると、何となく寂しい感じがします。というのも、秋の星空は明るい星がとても少ないし、秋の大四辺形をつくっているペガスス座の星が結構暗いんですね。2等星が2個ほどあるのでしょうが、それ以外は3等級以下の暗い星ばかりです。

まあ、それはそれとして、この球状星団M15は、星の密集度が高いので有名です。M15までの距離は、33600光年です。天の川銀河の少し外れた場所にあるのですが、宇宙全体から考えると、すぐ近所なんですね。でも、普通に考えればとてつもなく遠いはずですが……。3万年以上前に出た光が、今地球に届いたんですから、とても驚きです。いやいや、本当は近い遠いということも、とてつもなく広大な宇宙を考えると、よくわからなくなってしまいます。遠い・近いも、大きい・小さいも、未来と過去という時間も、人間の想像をはるかに超えて……、意味さえ分からなくなってしまいま~す……。

 という訳ですが、今日も夏日で残暑のような薩摩半島でした。夜、窓を開けたままでも、まだ冷たいコーヒーが美味しいんですね。

データ/ビクセンSX2・ビクセンED70SS・笠井等倍フラットナーレデューサー・キャノンKissX8i・ISO1600・60秒・トリミング・2018年10月29日21時頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

アルキメデスクレーター

84blog 月面写真は、上弦の頃がいちばん撮影しやすく、クレーターの凸凹もはっきりわかり、迫力があります。この写真は、9月の中旬に撮影したものです。アルキメデスクレーターを中心に撮影しようと思ったのですが、拡大率が不足して、少し広い領域が映っています。

 このアルキメデスクレーターは、近くにあるプラトークレーターと同じように、クレーター内がとても平坦で、デコボコが非常に少ないクレーターとして有名です。クレーターの内側では、野球かサッカーができそうな、とてもいい感じです。でも、直径は83kmもあることを考えると、異常に広すぎて球技には向かないようですね。

 本当は、そんなに平たんではなく、結構な岩場や段差があるのでしょう。年代的にとても古いクレーターのようで、溶岩が流れ出して均一になったといわれています。その後も、偶然に衝突物がなかったようで、きれいなクレーターとして残ったようです。雨の海という領域も、結構平坦な地形です。三十数億年前に、大量の溶岩の流出でできたといわれていて、この領域全体が、そのような地形のようです。

 ところで、雨の海の南側には、とても険しいアペニン山脈があります。長さ600キロ、高さ5000メートルという巨大な岩の山脈です。このあたりから南に行くにしたがって、複雑で込み入った地形になります。月の歴史もいろいろ複雑な事情があったんでしょうねえ。

 上弦の頃の月面は、とても良い眺めです。朝日が差し始めて、クレータに長い長い陰ができて、その陰がゆっくりゆっくり短くなっていく様子は、とても見ごたえがあります。少し倍率を上げると、臨場感いっぱいで、宇宙を味わえる瞬間です。

 まあ楽しい時間だったのですが、ピント合わせの時に、不思議な物体がモニター画面を横切ったんですね。それも、ふたつです。丸っこい感じで少し光っていたような印象で、非常にゆっくり北西に向かって横切っていきました。大きさは、アルキメデスクレーターの半分ぐらいでしょうか。ある程度ピンがきていたので、とても遠方だったと思います。こんなこともあるんですね。一体あれは何だったんでしょうか???

データ/ビクセンSX2・8インチシュミットカセグレン・30ミリアイピースで拡大・EOSM5・ISO800・60分の1秒・2018年9月18日20時13分頃

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

ペガススの大四辺形

Blog ペガススの大四辺形は、秋の大四辺形とも呼ばれています。秋の星座は、暗い星座が多く、特別に目立つものがありません。ペガスス座とカシオペア座ぐらいでしょうか。秋の夜空で1等星は、みなみのうお座のフォーマルハウトだけです。その星も南の低い空に輝いているので、あまり目立たないんですね。目立つのは、西空に傾いた夏の星座や東から登ってくるオリオン座などの冬の星座です。

 10月の下旬の今頃は、ペガススの大四辺形が21時ごろに天頂付近に昇ります。眺めるのが、とても大変なんですね。寝転んで眺めた方がいいのは、いつも思っているのですが、それもなかなか……準備が大変です。

 ところで、ペガススというのは、空を飛ぶ馬なんですね。ギリシャ神話に出てくる天馬は、ペガサスといいます。ギリシャ語とラテン語の違いなのかなと思っていますが、詳しいことはわかりません。ヘラクレスとヘルクレス座も同じようなことなんでしょう。

 天馬ペガサスに乗って、アンドロメダ姫を助けに行くのが、勇者ペルセウスです。ペルセウス座はアンドロメダ座の隣にあります。アンドロメダ姫の母が、エチオピアのカシオペア王妃で、エチオピア王がケフェウスです。おまけに、アンドロメダ姫を狙っているのが、化けクジラと言われているクジラ座です。この周辺の秋の星座は、ギリシャ神話を忠実に表現しているような気がします。その意味では、結構面白いのではと思います。

 写真の四角形が、ペガススの大四辺形です。南向きに空を見上げると、逆立ちした天馬ペガサスになります。四角形のうち一番明るい星アルフェラッツは、隣のアンドロメダ座のα星です。ペガスス座には、馬の胴体と首と前足しかありません。暗い星ばかりで、写真のような星座の形は、肉眼では少々無理な感じもします。この写真でも、コントラストを少しつけて、それらしく見やすくしています。

 夜が更けると、東の空には冬の星座が昇ってきます。でも、今夜は雨が降っているので、月齢17.0の月も見えません。見えるのは、水銀灯(暗い)がひとつと家の明かり(暗い)がひとつだけです。考えたら、本当に静かなところなんですねえ。という訳で、コーヒーブレイクというか、YEBISUビールでブレイクします。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・トキナー11~20ミリ・EOS KissX8i・ISO1600・F4・30秒数コマ合成・2018年10月2日22時05分

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

月齢9.0の月と火星

Blog さっきまで、外で月を眺めていました。晴れてはいるんですが、北西から次から次に雲が流れてきて、月に照らされていました。その光景も結構グーなんですが、赤道儀を出すというほど期待できないので、ポータブルなGP2ガイドパックを玄関先に出しました。これなら軽量だし、扱いもとても簡単なので、ちょっとした撮影によく使っています。

 そんな訳で、180ミリマクロレンズで月と月の南東にある火星を撮影することにしました。データを調べてみると、23時過ぎがいちばん近づくようなんですが、まあ大した違いはないので、撮影を始めました。

 月の明るさに比べて、火星の暗いこと暗いこと。それでも、火星はまだマイナス1等星ほどの明るさです。秋の星空では、最も明るい光です。月も上弦を過ぎると急に明るくなるんですね。流れる雲の形も山の稜線もくっきりしていました。月が明るすぎるので、少し手を加えて処理しています。ちょうど撮影時が南中時刻だったようです。月と火星は、2度近く離れているのかな、という感じです。

 今年は、火星のUPを撮影する予定でした。4,5回挑戦したのですが、砂嵐なんでしょうか、ぼんやり黄色く赤っぽく、輪郭が見えるだけでした。おまけに、地球の大気もいまいちのようでした。2年後にまた接近するので、その時また挑戦してみます。

 ところで、撮影中に、何かが足元を駆け抜けていきました。あれは何だったのか?、です。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンEOSM5・タムロン180ミリマクロ・F5.6・100分の一秒・2018年10月18日19時50分頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

小湊(こみなと)漁港の星空

_3451ablog 我が家から歩いて5分もかからない、小湊漁港です。つい最近(何十年か前)までは、小湊村でした。高度経済成長期には、3千人以上の人が住んでいたようです。今はといえば、9百人以上なのか、9百人未満なのか、詳しいことは知らないのですが、少なくとも急速に人口減になっている集落です。全国、至るところにある過疎集落のひとつです。高齢化も進んでいて、近い将来、子供の姿も消えてしまうのは確かです。過疎化が進めば、新しい側面も再発見できます。大自然がよみがえるんですね。大気汚染や海水の汚染はありますが、見た目はある時点まで過去の情景に戻るのでは、と思います。

 夜の20時頃の小湊漁港の夜景です。まだ水銀灯や作業場の明かりが灯っていますが、夜中には、多分闇のような空間なのでしょう。東シナ海に面していて、航路がないので、夜の海は真っ暗です。明かりといえば、月と星明りだけです。以前住んでいた神戸で見る星の数の、多分1000倍ほどの星が見えるような気がします。年中天の川も見えるし、暗い4等星の星も見えたりします。おまけに、星々の光が明るいんですね。まあ、そんな訳で、星見をする人、釣りをする人、野鳥観察をする人には、とても適した地域のようです。

 海に突き出た山は、高さ20メートルほどの岩で、赤い光は、突堤の小さな常備灯です。左側の明かりは、チリメン工場です。この写真の正面が西方向です。右側の隅っこに、海に沈みかけた北斗七星も映っています。漁船が映っていませんが、船溜まりは、撮影者の真後ろにあります。夜の漁船も、郷愁を感じさせる眺めなんですね。これから冬に向かうのですが、夜の眺めを、いろいろと撮影してみます。

 涼しい秋になりましたので、YEBISUビールも今日から常温でいただくことにします。

データ/キャノンKissX8i・トキナー11~20ミリ・F3.5・20秒・2018年9月10日20時30分頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

ケフェウス座の星団・銀河

Ngc69396946blog 思いついたので、ひとこと書きます。これまでブログは、Internet Explorer上 で作成していたのですが、ある時、Microsoft Edge上で作成したことがありました。画像の挿入や閲覧時の効果、あるいは、文章打ち込み時の改行などが、Explorer の時と違い、何となく違和感を覚えました。Edgeよりわずかに速度が遅いような気もしますが、Explorer で作成していこうと思います。

 それはそれとして、この画像は一か月ほど前に撮影した、ケフェウス座の星団と銀河です。左方向が北極星方向です。左上の星の集団がNGC6939と呼ばれている球状星団です。小さというか、可愛いというか、満月の四分の一ほどの大きさの星の集まりです。そして、右下に、うっすら(かすかにうっすら、非常にうっすら)と見えるのがNGC6946です。これは渦巻銀河で、8インチほどの口径なら、結構はっきりした渦巻の形が見えるようです。またの機会の試してみます。課題がまたひとつ増えました。

 ケフェウス座は、10月初めの21時頃、北極星の南に位置します。というか、北極星の少し上に来るので、高度だけ考えても、とても気持ち良く観察できます。星見をするときは、とても気持ちが良いというのは、とても重要なんですね。天頂付近を観察しようとするときは、先ず柔軟体操をして、身体を柔らかくしないとできないんですね。ヨガというよりもアクロバットに近いのでは、と思っています。

 この週末は、また台風がやってくるので、画像処理と整理をする予定です。台風がよくやってくる年ですねえ……今年は。

データ /ビクセンSX2・ビクセンED80sf・EOSkissX8i・IOS1600・60秒・2018年9月2日21時頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

ケフェウス座の散光星雲

Ic1396blog 月齢17.4の月が、東の空に昇っています。台風が近づいているというのに、何故か薩摩半島のここでは晴れた夜空のようです。明日の午後からは、台風の影響で、曇りのち大雨・強風ということらしいのですが、天気予報も当たらないことが結構あるので、少しだけ信用することにしています。

 写真は、秋の星座ケフェウス座にある散光星雲です。正式名は、IC1396という名前です。左方向が天の北極方向です。このケフェウス座というのは、ギリシャ神話によると、エチオピア王ケフェウスの姿だと言われています。北極星のすぐ南側にある五角形の形の星座です。そのいちばん南の端に、この散光星雲があります。この赤い輝きは、肉眼では見えないので、改造したカメラで撮影をしています。この散光星雲は、満月の5,6倍の大きさがありますが、双眼鏡では、ほとんど見えないのが残念です。

 画面の左下部分に、ガーネット・スター(変光星)と呼ばれている、ケフェウス座μ星があります。真っ赤な星で、ペテルギウスと同じ赤色超巨星に分類されています。3.4等星から5.1等星まで明るさが変わります。星が年老いて、核融合状態がとても不安定になっているのでしょうか。そのうちに超新星爆発を起こしてしまうのは、確実ですね。

 星見を始めて6年ほどになりますが、いろいろな星や星雲・星団の輝き、光景、眺めを楽しんできましたが、いや~いや~、まだ見ぬ星の光の数の多さです。球状星団、散開星団、散光星雲、さまざまな銀河、暗黒星雲、変光星、二重星、彗星、流星群など、小さな望遠鏡で確認できる明るさだけとしても、まだ3パーセントも見ていないことになるのでは、と思います。そんなことを考えながら、空高く昇った明るい月に、今夜はサントリーの〈香る〉エールで乾杯します、です……。

データ/ビクセンSX2・ボーグ55FL・EOS60D(改造)・ISO1600・80秒・2018年9月4日21時00分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

さそり座といて座

Blog 今朝は、雨の音でかすかに目が覚めました。9時間熟睡する人間にとっても、気になる雨音だったのでしょう。雷が響くと、もう少しはっきり目が覚めるのですが……。薩摩半島の強雨の降り方は、すごいんですね。言葉通りの土砂降りです。雷も地響きするほどの迫力です。時には、怖さを感じることもあります。

 このところ、不安定な天気が続いています。秋雨前線の影響らしいですが、薩摩半島は、まだまだ真夏です。毎日気温が30度を超えているので、夜もムシムシの熱気です。

 星空だけが、秋らしくなりました。さそり座は、22時頃には、水平線の向こうに沈んでしまいます。いて座も西空低く、探すのに苦労します。さそり座といて座は、毎年撮影しています。毎年同じ眺めですが、今年は土星がいて座で輝いています。おまけに、今年は、金星、木星、土星、火星が輝いていて、とても賑やかな夏の夜空でした。土星と火星の眺めは、まだまだ楽しめそうです。天の川の眺めも、もう一か月ほどは眺められそうです。東シナ海に沈む天の川の輝きは最高です。海面に反射する天の川の輝きを、多分「星が降る」というのでは……、そんな印象です。

 今、雨が降ってきました。それでも、月齢10.4の月が雲間を流れています。薩摩半島の空は、いつもこんな感じです。明るい月を眺めながら、YEBISUビールで乾杯します。 

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX8i・トキナー11~20・ISO1600・F4.5・30秒・2018年9月2日20時50分頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

星降る風景

Img_3459ablog 9月10日の昼過ぎ、久し振りに、近くの小湊漁港に行きました。といっても、自宅から車で1分、歩いても4,5分のところです。東西南北の位置と眺めを調べました。漁船がたくさん停留していて、素朴な港風景が続いていました。港の北側は、遠浅の砂浜が北方向に延びていて、ここも絵になる眺めでした。水面も透明度がよく、まあ、ここ薩摩半島の東シナ海側は、どこでもそうですが、とても豊かな自然の海が残されています。

 という訳で、その夜は星空だったので、三脚付きのカメラを持って、漁港に行きました。予想通り、水銀灯の周辺以外は真っ暗でした。海に落ちないために、懐中電灯は必需品です。あちこちで小さな光が見えました。夜釣りの若者なのでしょうか、かすかにおしゃべりの声が聞こえてきました。そう言えば、その時間帯は、大潮で満潮時だったようです。足元から水面まで、1メートルほどです。湧き上がるような水面を眺めていると、これは釣れそうだな、という素人の印象でした。

 星空は、予想以上に晴れていたので、満天の星々です。天の川が、結構くっきりと見えました。何か所かポイントロケをしながら、夜の散歩でした。そのヒトコマが左の写真です。画像処理がうまくできなかったので、色のバランスが少し無理があるような気もします。ホワイトバランスがオートのままだったようです。

 そんな訳で、楽しい夜の散策でした。今年は残暑がまだまだ続きそうなので、11月までは、夜の徘徊ができそうです。

データ/EOSKissX8i・シグマ11~20・ISO1600・11ミリF4・25秒・2018年9月10日21時30分頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏の大三角