2016年9月23日 (金)

月齢 7.7の月

C60_blog 月齢7.7の月面中央部の少しだけ拡大した画像です。ちょうど、この日は、上弦の月でした。今年の9月は、ちょうど旧暦の暦のようです。9月1日が新月でした。旧暦では、新月を1日目としていたので、15日がちょうど真ん中の月です。ということで、9月15日が中秋の明月でした。15日は中秋の名月でしたが、満月ではありません。

 上弦の月というのは、旧暦での月の上旬に見える月のことです。だから、下旬に見える月を下弦の月と言っていたようです。上弦、下弦という言い方は、旧暦の名残なのですね。

 まあ、そんな訳で、星が月の明るさで見えにくい時は、月を眺めることにしています。月の表面をたどっていくと、いろいろなクレーターに出会います。そんな時は、双眼装置を通して眺めることにしています。これで眺めると、立体的に見えているような気(気分)がします。クレーターも、太陽光線の角度で、いろいろ変化があって、結構遊べます。

 画像では、左が南方向です。中央やや左に見える、明暗の境界付近の大きなクレーターがプトレマイオスです。ほとんどのクレーターには、名前が付いていますので、月面地図を見ながら、月面散歩もできます。この画像にはありませんが、さらに南にいくと、「2001年宇宙の旅」にでてくるグラビウスのクレーターも見えます。反対に、もっと北方向には、昔、UHO基地では?、と騒がれたプラトークレーターもあります。そのクレーターから、光が弧を描いてたびたび飛んで行ったという、もう50年以上過去の話です。

 月面を毎日詳しく調べている天文台もあるようで、最新の技術を使えば、新しいことも発見できるかも知れません。最新の天文技術を使えば、月面で、誰(?)かがつけたライターの光でもキャッチするそうですね。

データ/ビクセンSX2・20㎝シュミカセ・専用レデュサー・キャノンKissX7i・ISO1600・1250分の1・30コマ合成・2016年・9月9日20時50分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

みなみのかんむり座

Blog みなみのかんむり座は、いて座の南斗六星のすぐ南にある、夏の星座です。今まで一度も双眼鏡を向けたこともありませんでした。6倍の双眼鏡で眺めると、視野にちょうどおさまり、何となくかんむりの形に見えました。ということで、初めての観察です。みなみのかんむり座は目立たない星座ですが、トレミーの48星座のひとつです。この星座は、目立たないというより、極めて暗く、探しにくい星の並びです。

 どの星も、四等級程の明るさしかありません。おまけに、水平線近くなので、確認するのがとても難しい星座です。双眼鏡を使わないと、冠(かんむり)の形には見えません。古代の人は、夜空の異常な暗さがあったとしても、五等星や六等星まで見えたのでしょう。六等級の星の明るさは、現代人には見えません。画像には、星座線を書き入れていますが、適当に自分で考案しました。星座線は、本によって全く違う形になっています。星座の形は、自由に考えていいということです。これは、元天文台長で、現在天文アドバイザーのN氏から教えられました。

 この、みなみのかんむり座は、天の赤道から南へ40度ほどのところにあります。ここ薩摩半島の我が家の緯度が北緯31度なので、計算上は南緯59度までの南天の星を観察できる計算ですが、水平線も地平線も見えないので、実際は、南緯50度までの星ならば見ることができるのでは、と思っています。

 実際、この日の撮影も、いつもの場所では観察できませんでした。そのため、2メートルほど高い畑のような場所での撮影でした。山の稜線が見える場所です。もう少し高い場所もあるのですが、夜の人気のない墓地にどんどん近づいてしまうので、やめました。

 まあ、そんな訳で、12コマ撮影しました。このところ、空の状態がとても悪い感じです。黄砂、PM2.5 、温暖化による雲と水蒸気、チリなどが、夜空のシーイングをとても悪くしています。透き通った夜空は、どこにいったのでしょうかねーえ。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX7i・100ミリマクロ・ISO1600・F2.8・25秒・12コマ合成・ソフトフィルター使用・2016年9月1日20時32分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

いて座のM24

C4aa_blog 夏といえば天の川ですが、8月の下旬から9月上旬の方が、シーイングがいいので、今頃天の川を観察することにしています。肉眼でも、いて座周辺で、明るい球状星団や散開星団を見ることができます。天の川の中心方向なので、星の密度は想像以上です。双眼鏡で覗くと、星の密集度がよくわかります。

 いて座には、南斗六星と言われている、ひしゃくの形の星の並びがあります。その柄のいちばん先の星のすぐ北側に、M24はあります。画像では、中央からやや左、少し上方に星が密集した部分があります。これが、散開星団M24です。この周辺は、星の密集度が高く、肉眼でもそれが分かります。M24 Star Cloud と呼ばれている領域です。また、そのすぐ近くには、恒星のない暗黒領域があるのですね。驚きました。気ままに眺めるのであれば、双眼鏡の方が迫力があるかも知れません。 

 等倍のファインダーで星をたどりながら、何とか視野にたどりつきました。この等倍ファインダーというのは、とても便利で、重宝しています。自動導入機能がない赤道儀を使っていますので、時間は少しかかりますが、楽しく星と遊べます。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・笠井レデュサー0.8・キャノンKissX7i・ISO1600・60秒・2016年8月25日21時27分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

土星、火星とアンタレス

C10a 日が暮れると、南の空に、明るい星が3個輝き始めます。いつもなら、寂しそうなさそり座ですが、今年は、土星と火星が近くにあって、とても賑やかです。
 この、土星、火星、アンタレスは、春の終わりごろから同じような場所にあったのですが、この8月に、火星が東方向に戻ってきたので、3個の星がとても近くで輝き始めたのです。火星とアンタレスの最接近は、24日の23時56分と、データには書かれていました。角距離は、1度47分。星空全体から考えると、きわめて近いといえる近さです。
 
 24日の夜は、夕立後のとても澄みきった星空でした。撮影は、8時ごろです。ちょうど3個の星が一直線になるように撮影しようと思いましたが、いつ曇ってくるかわからないので、晴れているうちに、と決めてピントを合わせました。
 
 土星、火星とアンタレスが、こんな近い角距離で並ぶのは、僕が生きているうちには、二度と起こらないと思います。最初で最後の珍しい天文現象でした。
 この撮影は、赤道儀にカメラをセットして撮影しています。この方法は、とても簡単で、楽しく遊べます。カメラにレンズをセットして、ピンを合わせれば終わりです。撮りたい方向や視野を、コーヒーでも飲みながらのんびり決めたらいい訳です。だた、明るい星があれば、ピントは液晶画面ですぐに確認できますが、暗い星だけの時は、5倍程度に画面を拡大してピントを合わせないといけないので、少しだけ慣れが必要です。前回の天の川の全景は、11ミリの広角レンズでした。この撮影は、100ミリのマクロレンズを使いました。
 
 コーヒー好きなので、いつも椅子に腰かけて、コーヒーを飲みながら、遊んでいます。こんな風に、のんびりしていても、あっという間に、2,3時間が過ぎていきます。東の空には、いつの間にか、秋の星座ペガススが上ってきているんですね。
 
データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissx7i・100ミリマクロ・ISO1600・F4・14秒・2016年8月24日20時05分ごろ・10コマ合成
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

我が家の上の 天の川

Img_9238ablog 8月24日は、昼から3度の夕立でした。ほんの5,6分ですが、結構強い雨でした。雨が降った後の空は、特別に澄んだきれいな夜空です。月に何度もないような、クリヤーな星空でした。

 夏も終りの頃は、8時過ぎると、天の川は天頂を南北に流れます。いちばん鮮やかな天の川の光景です。北側のカシオペア座まで繋がっていて、最高の星空でした。天の川は、双眼鏡で眺めるのがいちばんいいんですね。天の川銀河の星々の多さには、いつも驚かされます。

 来年には、裏庭の芝生に寝転んで、のんびり天の川を眺めたい、と思っています。テントと寝袋が必要かも、ですね。

 薩摩半島の片田舎に住んでいると、何千年もの昔の縄文時代に住んでいるような気がします。縄文時代がどうだったかは、詳しくは知りませんが、風の音、虫の音、草木の揺らぎ、野生動物の息吹、あるいは、海の潮騒のかすかな響き、星々の輝き、時々空をよぎる流れ星。それらすべてが、都会と違って、毎日の原体験なんですね。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX7i・シグマ11~20F2.8・ISO1600・F4・40秒・2016年8月24日21時20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

赤い星 火星とアンタレス

C16a 今、南の空に、赤い星、火星とアンタレスが輝いています。火星は、星座の海の中を、東にひっしに移動しています。まるで地球を追いかけているように見えます。でも、結局は、西へ西へと遠ざかっていく運命なんですね。

 夕方まで曇っていたので、18日目の月も見えないかも、という予想でしたが、8時頃から星が見え始めました。このところ、天気がとても異常です。梅雨明け後の雨は、平年の2%しか降らないし、最高気温35度の日が続いています。最低気温は28度ですから、どうしようもありません。

 エアコンを止めた部屋で、朝9時半まで睡眠です。ほとんど10時間近くは寝ている計算ですが、30度近い部屋で、途中目が覚めることなく眠れるますので、自分ながら、昆虫人間のような気もしています。

 まあ、それはそれとして、21時から、火星と土星を撮影しました。火星の明るさと、赤っぽい色は、とても印象的でした。アンタレスに完全に勝っています。アンタレスというのは、火星に対抗し競争するという意味があるそうです。古代から、何千回も、アンタレスと火星は出会ったのでしょう。もう2,3日すると、土星、火星、アンタレスが一直線に並びます。晴れていれば、その姿を、また観察しようと思います。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX7i・マクロ100ミリ・ISO1600・F4・15秒・16コマ合成・2016年8月21日21時15分

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

さそり座といて座

168c3a 8月7日の日曜日、夕方から急に晴れてきたので、天の川が見えることを期待していました。予想通り、4日月が西の空に残っていましたが、晴天の夜空です。

 8時頃から準備して、南の空の天の川を双眼鏡で眺める。田舎ならではの、輝く銀河です。火星も土星も、そしてアンタレスも南天の空に輝いていました。どうしてこんなに星が見えるのか、とても不思議でした。神戸では、夏の晴れた夜でも、星は20個ほど見えれば最高でした。でも、ここ薩摩半島では、その100倍もの星々が見えます。それだけでも、数十パーセントは幸せになれます。

 今年の夏は、特別に賑やかです。火星の赤い光、アンタレスの赤、そして土星の白。この領域は、天の川銀河の中心部分です。双眼鏡で覗くと、無数の星が密集しているのがよく分かります。球状星団や散光星雲があちこちに点在していて、見あきない景観です。

 撮影中に、野生動物が足元を駆け抜けて行きました。多分イタチなんでしょう。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX7i・トキナー11~20ミリF2.8・ISO1600・F4・20秒・3コマ合成・2016年8月7日20時36分


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

散光星雲 M8

C6m8a_blog20168 立秋を迎える8月の初旬、天の川はいちばん目立ちます。ちょうど、夜が更ける11時頃天頂付近を流れます。晴れた夜ならば、くっきりと天空をよぎっていき、田舎なので、その姿は感動ものです。

 南の空の、さそり座やいて座のあたりは特別に賑やかで、さすが銀河と呼べるのです。その賑やかな周辺には、球状星団や散光星雲がたくさんあって、双眼鏡でいくつも確かめることができます。

 その中に、M8という散光星雲があります。肉眼でもはっきり見えるので、夏になると毎年撮影をしています。大きさは、満月の3,4倍はあると思います。明るさは、3等級というところでしょうか。いて座の南斗六星と呼ばれるひしゃくの形の星をたどって、少し西側に目を移していけば、ぼんやりとした雲のような星雲にいき着きます。探すのは、割と簡単です。

 このM8ですが、別名干潟(ひがた)星雲と呼ばれています。ちょうど中央付近を暗黒帯が横切っていて、干潟に似ているところから名づけられたようです。でも、何となくわかりにくいかな、と思います。むしろ、何かの果物に似ているような気がします。

 この画像は、7月末に撮影したものです。8月に入って、星空がまともに見えたことはありません。その時も、M8を5コマ撮影しただけで、曇ってしまいました。今年の夏は、すっきりした夏空をまだ一度も見ていません。今回は、M8を少しだけUPしています。次は、もう少し、どUPで、と考えています。まあ、そんな訳で、星を眺めながら、蚊と戦いながら、のんびりアイスラテで乾杯です。

データ/ビクセンSX2・ES102ミリ・キャノン60D改造・ISO1600・70秒・2016年7月29日22時30分頃  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

うしかい座

C6_blog うしかい座というのは、春の星座です。この7月の下旬の時期、夜8時を過ぎて、やっと暗がりに目が慣れてきた頃、天頂付近に輝く明るい星が、とてもよく目立ちます。この恒星が、全天で4番目に明るい、Arcturusです。

 このArcturusというのは、読み方がいろいろあって、アルクトールスとか、アークトゥールスとか、アークトゥルスなど、読み方が統一されていないので、とても困ります。このうしかい座のα星の明るさは、マイナス0.04等級ということで、確かに明るさは際立っています。南の空に輝く火星にも負けない明るさです。

 星座線では、正面を向いた男の姿です。両足がありますが、決して短足ではなく、星の並びからこういう星座線になっているだけです。左手が上にあがっていますが、これは、隣のりょうけん座にいる二匹の猟犬につないでいる綱を、高く掲げている様子です。右上隅に明るい星がありますが、この星は北斗七星の柄の一番先の星です。左隅の中央には、かんむり座の一部分が映っています。

 このうしかい座もトレミーの48星座のひとつですが、2000年ほど生きてきた、それなりの価値があるのでは、と思います。今では天文学には全く縁がない天動説ですが、トレミー(プトレマイオス)さんも、偉大な人だったかも、です。

 星座と星座の関係や、物語性を調べて行くと、結構面白いのかも知れません。これも、星見の楽しみのひとつです。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・シグマ30ミリ1.4・キャノンKissX7i・ISO1600・F4・40秒・6コマ合成・2016年・7月24日・21時30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

かんむり座

A かんむり座は、うしかい座とヘルクレス座の間に位置する夏の星座です。ちょうど7月中旬の夜8時頃、天頂付近にきます。天頂なので、眺めるのにとても苦労します。双眼鏡で覗くのは、変な姿勢になるので、さらに苦労します。夜、外に出て、星を眺めるのは、結構身体を動かしているんですね。

 まあ、そんな訳で、のんびり星を眺めていたら、流れ星がひとつ、火球がひとつ西側の東シナ海方向に流れていきました。火球の方は、小さな衝撃音を残していきました。流れ星は、結構頻繁に流れていきます。

 ところで、このかんむり座は、α星以外は暗い星なので、肉眼では確認がとても難しいと思います。5,6倍の双眼鏡があれば、かんむりの形に星が並んでいるのがよくわかります。それにしても、首が痛くなるのですが、まあ、そこは我慢・我慢です。寝転んで眺めるのが、最高でしょうか。このかんむり座には、有名な変光星があるのですが、それは、次の機会に観察しようと思います。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・キャノンKissX7i・100ミリ2,8マクロ・ISO1600・F4・40秒・2016年7月3日20時頃

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«さそり座の火星と土星