2018年2月21日 (水)

バラ星雲の全景

Blog 先週の土曜日の17日は、夕方から晴れ間が広がり、シーイングも適当だったので、バラ星雲の撮影をしました。久しぶりに雲の流れに気を使わず、のんびり星空を眺めることができました。

 のんびりできるときは、SONYのウォークマンで音楽を聴きながら、作業をすることにしています。このところ、昔懐かしのJazzを聴くことが多いですね。MJQ(モダンジャズカルテット)が、今のお気に入りなんですが、ちょうどいいテンポと軽さで、とてもいい感じです。ジョン・ルイスのピアノ、ミルト・ジャクソンのビブラフォンが優雅に溶け合って、気持ちよく作業ができます。もちろんベースとドラムもなくてはならないんですが……。今、日常的に聴いているのは、74年盤のニューヨークでのラストコンサート・ライブです。星見のBGMとして、いちばん似合っているような感じもします。まあ、そんな訳で、BGMとホットコーヒーを楽しみながら、何とかバラ星雲を撮影できました。

  バラ星雲は、満月よりもはるかに大きい散光星雲NGC2237と散開星団NGC2244をまとめて呼ぶことが多いようです。中心部の散開星団の若い星々は、この星雲内で生まれたと言われています。この領域では、想像もできないような劇的変化が続いているのでしょう。地球からの距離が5500光年ということなので、天の川銀河の中では、結構近い方で、隣の町という感じなのでしょうか。

 西に傾いたカシオペヤ座から延びる冬の天の川が、このバラ星雲のあたりを流れているのが、肉眼でも確認できます。これも、田舎の夜空の、闇のような暗さのオカゲです。

データ/ビクセンSX2・ビクセンED80sf・専用レデューサー・キャノン60D(改造)・ISO1600・90秒・17コマ合成・2018年2月17日20時15分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

いっかくじゅう座のバラ星雲

New2aanblog いっかくじゅう座は、冬の大三角形の中にあります。と、言っても、この星座の星は4等級以下の星ばかりで、肉眼では見つけられないのでは、と思います。オリオン座の東隣りなんですが、明るい星がないので、双眼鏡で眺めても、星座の形はわかりません。ただ、この領域は、冬の天の川が流れているので、星の数は驚くばかりです。

 いっかくじゅうというのは、旧約聖書に書かれている、想像上の動物、一角獣(ユニコーン)だとされているようです。馬に似た動物で、額に一つの角があるらしいです……、見たことがありませんので。その頭というか顔というか、その目のあたりに、NGC2237・バラ星雲があります。バラ星雲も、短い望遠レンズで撮ると、確かに赤いバラの花に似て、かわいい雰囲気になります。バラ星雲は、英語版の星図表では、Rosette Nebulaと書かれていて、とてもいい感じです。最近は、焦点距離の短いレンズでよく撮ります。星雲や星団が星々の海に浮かんでいる、という感じがよく分かるからです。

 バラ星雲は、散光星雲ですが、中心部には散開星団NGC2244があります。この領域では、若い星が次々と生まれているようで、最近の観測では、160個ほどの若い星があると言われています。いっかくじゅう座の星座線を一部分だけ書いていますが、胴体は東側にのびています。また今度、バラ星雲をアップで撮影してみます。

 2月は、雲が多くて、星空はあまり期待できません。この冬は、のんびり星空を眺めることが少なかったのでは、と思います。そんな理由で、星空の下で、のんびりホットコーヒーを楽しむことができませんでした……いちばんの楽しみなのに……残念ながら。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・100ミリマクロ・キャノン60D(改造)・ISO1600・F4・50秒・20コマ合成・2018年2月8日20時30分頃

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

馬頭星雲とNGC2024

Ablog 明日から、また少し弱めの寒波がやってくるそうです。本当かどうかは、よくわかりません。このところ、天気予報が当たっていないようなので、少しだけ信用することにしています。雪が2メートルも3メートルも積もる所と比べれば、薩摩半島では積雪10センチでも大騒ぎですが、子供だましのような気もします。

 写真は、オリオン座の三ツ星のいちばん東の2等星です。左の方向が天の北方向です。毎年撮影している場所です。赤い星間ガスが、なかなかうまく撮れないんですね。馬の頭のシルエットが、イマイチなんですね。それと、左の燃える木と言われているNGC2024なんですが、何かカチカチのような感じもします。

 このNGC2024ですが、炎のように見えるので、火炎星雲と呼ぶ人もいるようです。いろいろ想像すると結構面白いものですね。僕は、誰かが言っていた「燃える木を見つめる馬」と呼んでいますが……。

 2月の中旬なので、冬の星座も夜中には、子午線を越えて西側に移動していきます。その頃、東の空には、しし座が少し高く昇ってきます。春が、すぐそこまで来ている感じです。星座の動きが、季節の移り変わりを教えてくれます。とても優雅な気分です。

 今、思い出したのですが、昔の人は「雨が降れば、雨の音を聴き、雪が降れば、雪と遊ぶ」と言いました。とても心豊かな人間だったんですね。

データ/ビクセンSX2・ビクセンED80sf・専用レデューサー・キャノンKissX7i・ISO1600・80秒・数コマ合成・トリミング・2018年1月20日22時頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

1月31日の皆既月食 薩摩半島から

Img_1932a 1月31日、薩摩半島は、午後から曇り空で、夕方からは、雨雲のような暗い空模様でした。日没後、器材を玄関先に出して、とりあえずは、撮影の準備だけはしていました。19時が過ぎて、20時が過ぎて、21時も過ぎて、月食の撮影を諦めて、器材を室内に運び込みました。満月なのに、月の位置さえ全く分からず、空は暗くなるばかりでした。

 自室に戻り、ホットコーヒーを飲みながら、
返信メールを書いていました。時々は、窓を開けて東の空を眺めていたのですが、空は、暗黒の夜空でした。無理もありません、雨雲がすぐ近くまで近づいていたのです。

 という訳で、器材を整理しなければと思いながら、最後に夜空を眺めると、おやおや、細い月らしきものがかすかに見えるではありませんか……。え、え、えー。雲が薄くなって、白っぽくなっていました。とっさに、器材をまた外に出して、赤道儀をおよその北極星に合わせて、望遠鏡にカメラをセットしなおして、雑多な作業をして、月を視野に入れて……、ピンを合わせて、試し撮りを2コマ……そして撮影。この間、3、4分ほどでしょうか。後で思えば、自分でも、驚くようなスピードでした。そして、撮影できたのは、4コマだけでした。その後は、さらに暗黒の夜空に戻りました。

 皆既月食が始まる3分半ほど前の月の画像です。霞んでいるのは、雲が相当分厚いということです。露光時間が20秒なので、双眼鏡ではよく見えなかったかも、です。詳細は、ほとんど見えてきません。陰の部分がわずかに赤銅色かな……。まあ、証拠写真のような感じもしますが、少しだけすっきりした気分になりました。

 今日、2月1日の21時現在、東の空に月齢15過ぎの明るい月が、くっきりと浮かんでいます。寒々しい空ですが、雲一つない夜空です。後で、双眼鏡で眺めてみます。

データ/ビクセンGP2・ビクセンED80sf・専用レデューサー・キャノンKissX7i・ISO1600・オート20秒・トリミング・2018年1月31日21時47分49秒

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

おおいぬ座のM41

M41blog 今年の冬は、とても寒いような気がします。今週は、鹿児島でも、雪マークがいくつもついています。27日(土)の朝には、鳥の水飲み場に厚さ1センチの氷が張っていました。薩摩半島では、大変珍しいことです。このところ、猛暑であったり、世界的な洪水や干ばつが起こっていて、天候異変も異変ですが、氷河期が近づいているような気がしています。まあ、何十年か何百年か先のことでしょうが……。

 冬の夜空には、冬の大三角が明るく輝いています。雲が多いので、なかなか見ることができませんが、透明度の高い冬の夜空は格別です。写真は、おおいぬ座のシリウスのすぐ南にある散開星団M41です。シリウスを眺めていると、近くに雲のような星の集まりが確認できます。結構広い領域に広がっている散開星団です。写真では、20個ほどの星しか確認できませんが、実際には100個以上の恒星が集まっているようです。赤っぽい星や黄色の星がたくさん見えます。歳とった赤色巨星が多いのかも知れません。

 この領域は、冬の天の川が流れているので、背景にはたくさんの星が見えます。双眼鏡で眺めると、一面星だらけで、すごい密度です。寒いので、星見を早めに切り上げました。部屋に戻って、いつものように、星空を眺めながら、ビールで乾杯です。今日のビールは、時々飲むアサヒのビアホール仕立ての黒でした。美味しいんですね、これが……。

データ/ビクセンSX2・ビクセンED70SS・キャノンM5・ISO1600・40秒・数コマ合成・2018年1月4日22時頃


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

カリフォルニア星雲

Blog カリフォルニア星雲は、秋の星座ペルセウス座にある散光星雲です。秋の星座といっても、今がいいちばんの見頃です。というのも、21時過ぎに子午線を越えて、西側に移動します。23時頃には、西の空で高度が70度ほどになり、観察するのも、撮影するのも、とてもいい感じになります。望遠鏡を天頂付近に向けた時が、一番大変で、まるでアクロバットか究極のヨガのような姿勢になり、翌日まで全身の筋肉に後遺症が残るんですね……。

 カリフォルニア星雲は、形がアメリカのカリフォルニア州に似ているのでこの名前がついたようです。満月を4、5個並べたような広さで、明るさが6等級ですが、肉眼でも双眼鏡でも見えません。年代物の赤いジュウタンが空を飛んでいる、と言った方が似合うのでは、と思います。

 撮影は、昨夜の23時頃です。21時頃までは、なかなか薄雲が切れなくて、あきらめていたのですが、晴れ間がのぞいたので、あわてて撮影しました。それでも、PM2.5の影響で、何となくすっきりしない画像です。北方向は、上方やや左向きです。

 明日から天気は下り坂です。1週間ほどは月もまともに見えないかも、です。次の満月は、皆既月食がありますので、何とか月だけでも見えて欲しいですね。

データ/ビクセンGP2・ビクセンED70SS・笠井レデューサーフラットナー・キャノン60D(改造)・ISO1600・100秒・数コマ合成・2018年1月20日23時頃


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

オリオン座の星雲

 1月12日、薩摩半島Ablog_3の海辺近くの我が家に、初雪が降り、そして積もりました。本当は、前夜に少し雪が積もっていました。2センチほどでしょうか……。ところが、朝起きてみると、なんと庭一面、裏庭一面、雪景色ではありませんか。これには、とても驚きました。この10年のうちに、何度か雪が積もったことはありましたが、今回は、積雪12センチ、これまでの最深の積雪でした。

 その時、何が脳裏をよぎったか、というと、雪だるまでした。雪だるまを作ろうという幼いころの遊び心でした。さっそく、玄関先に雪を集めて大きな雪玉を作りました。直径70センチ、その表面に、きれいな雪を張り付けて、きれいな雪玉の出来上がりです。それから頭に相当する小さな雪玉です。顔に見えるように、形を整えて、木の枝で眉や口をつくって完成です。目玉は、キンカンの熟していない実でした。何とか出来上がって、記念撮影をしました。……その画像が見たい方はメールください……。つくった感想。大変でした。雪の重さに驚きました。簡単に大小の雪玉を重ねればできると思っていたのですが、バランスがとても難しいんです。薩摩半島は氷点下にならないので、ゆっくり氷が融けていくんですね。まあ、とても楽しい時間でした。昔の人は、〈雨が降れば雨の音を聴き、雪が降れば雪と遊ぶ〉と言っています。誰の言葉だったか、思い出せません。まあ、それは、それとして……。

 写真は、オリオン星雲と馬頭星雲がある領域です。上方が天の北極方向です。少しだけ露出オーバーにしているので、オリオン星雲は少しだけ白とびのようです。その分だけ馬頭星雲がややはっきりしているのでは、と思います。馬の頭は小さすぎて、はっきり確認できません。三ツ星も結構目立ちます。三ツ星のいちばん東の星の近くには、〈燃える木〉として有名な散光星雲があります。この周辺の赤く輝くガス帯が、なかなかうまく撮れないんですね。いつも苦労しています。晴れた夜に、また観察してみます。

 という訳で、まだ庭に残っている雪を眺めながら、雪見のアン・カフェーです。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・タムロン180ミリマクロ・キャノン60D(改造)・ISO1600・f4.5・40~60秒・10コマ合成・2018年1月4日22時頃

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

ぎょしゃ座

Blog 明日から、4泊5日で、岡山・関西の方に出かけますので、その前に星座をひとつUPします。鹿児島は、寒いといっても、関西に比べれば5度ほど気温が高いようです。京都にも行きますので、寒いだろうなあ、と今から少し心配です。おまけに、天気予報では西日本は、明日は雨か雪が降るという予報です。人間が制御できない大気のことだから、まあ、いいか、なんて納得していますが……。

 ぎょしゃ座は、天頂を越えて北極星に近いところに見えます。α星カペラはとても明るく、1等星の中では、最も北にあります。冬になると、このカペラの輝きを、カメラレンズや望遠鏡のピント合わせに使わせてもらっています。拡大すると、とても迫力があって、ピント合わせに最適なんですね。

 ところで、このぎょしゃ座付近は、冬の天の川が流れているので、双眼鏡で眺めると、たくさんの星が確認できます。5角形をしたぎょしゃ座の内側も外側も、見応えのある領域です。写真の、M36・M37・M38は散開星団です。6,7倍の双眼鏡で、ちょうど3つが視野に入ってきます。やや暗い星々ですが、いい眺めでは、と思います。この5角形の南の領域には、いくつかの散光星雲がありますが、肉眼では見えないのが残念です。

 星を眺めたり、観察したり、撮影したりすることは、結構な労働だ、ということが、やっと分かってきました。今年も、寒さ暑さに耐えながら、のんびり星見を楽しもうと思っていますが、本当は、この〈のんびり〉ということが、とても大切なことのように思えてきました。

データ/ビクセンGP2ガイドパック・シグマ50ミリF1.4・キャノンEOS-M5・ISO1600・F4・50秒・2017年12月21日21時頃・ソフトフィルター使用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

プレヤデス星団M45

Newblog2bbb 冬の星座・星団のトップバッターです。12月中旬の夜8時頃、東の空高く昇ってくるのがおうし座で、その牡牛の背中のいちばん突き出たところに、プレヤデス星団があります。真冬に向かって寒くなる季節なので、夜に外に出て眺めるのも、少しだけ根性が必要です。椅子に座って眺めるなんて、寒くてできません。という訳で、いつも周辺を歩き回りながら眺める、ことになります。

 プレヤデス星団、日本では昔から「すばる」と呼ばれています。満月よりははるかに大きいのですが、ぼんやりとした雲のようにしか見えません。それでも、夜空の暗さに慣れてくると、3,4個の星が見えてきます。視力がいい人は、5,6個の星が見えるようです。

 実際は、写真のように、5,6個ではなく、もっとたくさんの星が集まっている散開星団です。正確には、120個以上の恒星の集団のようです。とても若い星々と星間ガスが衝突している現場です。この青い輝きは、肉眼では無理のようです。双眼鏡で覗くと、青白い星団の輝く姿を、視野いっぱいに眺められます。

 「すばる」は、季節の変わり目を教えてくれるような気がします。青白い輝きは、冬の寒さを連想させて、一年の終わりを暗示してくれる、のかも知れません。

データ/ビクセンSX2・ビクセンED70SS・笠井レデュサーフラットナー・キャノンKissX7i・ISO1600・120秒・14コマ合成・2017年12月18日22時18分頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

石垣島 星の軌跡

Blog2aa 石垣島の底地ビーチの星の軌跡です。雲が流れる合間の、晴れた星空の撮影でした。今年の冬の石垣島の天気は、雲が多く、すっきりした晴れ間は、ほとんどないようでした。毎夜3時間ほど、コテージの庭に出て、空の様子を眺めていました。

 12月10日だけが、晴れた夜空でした。今思えば、貴重な写真になっているような気もします。写真は、やや西向きに撮影しています。撮影中に、すぐ近くで、フクロウがホーホーと鳴き、ホタルも飛んでいました。これも貴重な体験でした。

 石垣島の星空は、薩摩半島に比べて、とても明るく見えます。空気が澄んでいるのか、黄砂やゴミが少ないのでしょうか……。見える星の数がとても多いように思います。明るい星が少ない秋の夜空なのに、星の軌跡がとても賑やかです。

 この写真の撮影中は、何も操作しなくていいので、とても楽ちんでした。椅子に腰かけて、ビールを飲んでいればいい訳で、のんびりフクロウの優雅な鳴き声を聴きながら、夜空を眺めていました。至福の時間でした。

データ/キャノンKissX7i・シグマ11~20ミリ・11ミリF5.6・60秒40コマ・比較明合成・2017年12月10日21時頃・石垣島底地ビーチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«石垣島の星空