2024年6月13日 (木)

おとめ座のM104ソンブレロ銀河

M104nblog  薩摩半島は梅雨に入って、一週間ほどになりますが、大した雨も降らずに、蒸し暑いだけの日が続いています。沖縄や南西諸島では、少しだけ大雨になっているそうですが、大きな水害が起こっていないので、今のところは安心です。

 写真は、おとめ座のメシエ天体M104です。ソンブレロ銀河という名前でとても有名な、渦巻銀河です。ソンブレロというのは、アメリカの西部劇映画に出てくるメキシコ人が被る帽子のことですが、その帽子にとてもよく似ているそうです。

 このソンブレロ銀河は渦巻銀河に分類されていますが、最近では、楕円銀河に近いのではと言われています。中央を横切る暗黒帯はありますが、渦巻の腕も見えないようで、渦巻銀河と楕円銀河が合体したのでは、という意見もあるそうです。とても珍しい銀河なんですね。

 地球からの距離は、4000万光年程ではるか彼方です。9等級ほどの明るさで、とても暗いんですが、中央部の輝きが明るいので、撮影はそれほど難しくはありません。感度をISO3200にして、露光時間が1分ほどで、こんな感じに撮れます。ノイズも目立たないようなので、高感度は、とても楽です。

 この撮影は、5月10日です。今年は晴れた日が少ないので、星空を眺めるだけでも、とても大変です。そんな訳で、晴れた夜には、二つ三つのシーンを撮影しているのですが、結構苦労しています。もう一カ月は梅雨が続くようなので、なかなか晴れた星空には出会えません。

 昼下がりの今、外はどんよりと曇っています。週末から、また雨のようです。カメラレンズの一本にカビが発生していました。毎年のことですが……。という訳で、日本茶で小休止しま~す、です。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・笠井マルチフラットナー使用・EOSKissX8i・ISO3200・1分・2024年5月10日21時10分

| | コメント (0)

2024年6月 6日 (木)

きりん座のNGC2403

Ngc2403nblog  気温も湿度も、夏に近づいています。アナグマもイタチもとても活発に動くようになりました。玄関前や裏庭をあちこち走り回っています。夕方の時間帯は特に好みのようで、餌を求めて畑から畑に移動しているのでしょう。

 写真は、きりん座の渦巻銀河NGC2403です。このNGC2403は、初めての撮影です。きりん座というには、あまり聞かない星座です。おおぐま座の西隣にある星座で、春の星座ではなく冬の星座に入っています。おおぐま座との境界線近くにあり、おおぐまの顔のすぐ先にあります。

 渦巻銀河なんですが、渦巻の腕がぼんやりとしていて、少々頼りない感じです。雲のような雰囲気ですが、結構明るい光です。このNGC2403は、1788年に、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルが発見しました。中心部がとても明るいので、小さな望遠鏡でもくっきり見えたのでしょう。地球からの距離は、800万光年程なので、結構近い所と言えるのでしょうか……。銀河の雲の中に見える少し明るい星々は、天の川銀河の中の近くの星が偶然同じ方向に見えているだけだそうですね。

 夏至も近づいて来ました。春の星座も、夜の10時頃には、ほとんど子午線を越えて西側に傾いてしまいます。東の空には夏の天の川が昇ってきて、また賑やかな夏の星々になります。東の空やや高く昇ったこと座のベガが、とても明るく輝いています。

 九州南部はまだ梅雨入りしていません。今日は梅雨空に近い感じのドンヨリドンヨリですが、梅雨入りはもう少し先になるそうです。これから一カ月はなかなか星空は期待できませんが、梅雨の合間の星空をのんびり待つことにします。

 という訳で、日本茶で一休みしますで~す。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・笠井マルチフラットナー・ISO3200・70秒・2024年4月1日21時10分

| | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

りょうけん座のM51

M51blog_20240530131601  写真は、りょうけん座の子持ち星雲と呼ばれている、有名な系外銀河M51です。写真左方向が、天の北極方向です。この日は、もう一つメシエ天体を撮影したので、とても忙しく、少々ドタバタでした。このM51は、ビクセンのED80sf鏡筒にASI183MCを取り付けての撮影でした。ピント合わせが少しだけ面倒なんですが、撮影はとても楽です。

 5月は明日で終わりなんですが、空が晴れて撮影できたのはたったの2日しかありませんでした。晴れた夜の時間に、二つ、三つのシーンを撮影しなければならないので、結構大変です。その年のその季節に撮影した画像をブログにアップしている(月面だけは別ですが……)ので、撮影が出来なければ、ブログの継続も難しいかも、です。

 ところで、この銀河M51は地球からの距離が2300万光年ほどで、アンドロメダ銀河の10倍ほど遠い所のようです。子持ちと言われるように、小さな銀河が北側にくっついています。この銀河はNGC5195という番号が付けられています。M51の大きな重力の影響で、NGC5195は変形しているようです。こんな姿を見ると、途方もなく巨大な宇宙のエネルギーを感じてしまいます。

 りょうけん座というには、特別に明るい星がないので、それほど有名ではありません。春の北の空、北斗七星の南側に、このりょうけん座はあります。天の川から離れているので、背景はとても暗く、遠くの系外銀河が良く見えるのでしょう。この写真にも、右上隅に銀河らしき光がひとつ確認できます。実際には、7、8個の銀河が見えるそうです……。それにしても、絵になる眺めですね。

 薩摩半島も梅雨に入りそうですが、まだまだのようです。当分は、ムシムシの毎日になるかも、です。という訳で、コーヒーブレイクで~す。

データ/ビクセンSX2・ビクセン80sf・ASI183MC・ゲイン140・60秒・50コマ合成・2024年5月10日21時10分

 

| | コメント (0)

2024年5月23日 (木)

日本の月面探査機SLIMの着陸

Blog_20240523132201  JAXA(日本宇宙航空研究開発機構)が2023年9月に打ち上げた、月面小型探査機SLIMが、2024年1月20日0時20分に月面に着陸しました。着陸時のアクシデントで、正常な着陸姿勢ではない状態で、月面に降り立ったようです。もう4か月前のことですが、その時の記憶がまだ鮮明に残っています。

 写真は、その着陸日から1ヶ月近く経った、2月16日の夜に撮影した月面です。JAXAの説明では、着陸地点は、赤道のやや南側の神酒の海の西端のクレーター付近ということでした。そういう訳で、神酒の海の西端付近が夜明けになる、上弦前の頃に撮影しました。偶然空が晴れたので、何とか撮影できました。

 月齢6.5の月面です。神酒の海からアルタイの崖まで、朝の太陽光が明るく照らしています。写真中央部の大きなクレーター、直径100㎞のテオフィルスと直径98㎞のキリルスが見えています。さらに南には、カタリナという大きなクレーターもあります。

 SLIMの着陸地点は、テオフィルスとキリルスの間にある傾斜した領域だそうです。写真の中の矢印の先のあたりに、小さなクレーターがあるそうです。そのクレーターは、直径300m程です。着陸地点は、その小さなクレーターの中心から55m程東に離れたところだそうです。この着陸地点のクレーターをしおり(SHIOLI)と命名して、国際天文学会に提案し、認定されたそうです。

 月面の周回軌道を回るアメリカの軌道探査機が、大きさ2mのSLIM本体を月面上で確認したそうです。間違いなく、SLIMが月面上に着陸したことが認められたんですね。細かいことがいろいろあって、大変なんですね。

 太陽光パネルが西側を向いているので、月の午後だけ太陽光発電をしているようです。それでも、4月の満月過ぎには、3回目の夜を越して再び発電を開始したそうですね。ということは、今日が満月なので、今日か明日中には、4回目の発電を開始するのでは、と思いますが……どうなんでしょうか……ただし、太陽光発電システムの寿命が尽きていなければの話ですが……。

データ/ビクセンSX2・C8シュミカセ・ASI183MC・ゲイン140・15ms・120コマ合成・2024年2月16日20時20分

| | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

かみのけ座の渦巻銀河NGC4565

Ngc4565blog_20240517191801  先週は、珍しく2日連続で晴れたので、春の星団などを撮影しました。5月はもう下旬になりつつあるので、梅雨が近いのかも、です。天気予報を見ると、来週から梅雨空になるような感じがします。この薩摩半島は亜熱帯風なので、ジメジメの梅雨がとても近いのでしょう。

 写真は、かみのけ座の渦巻銀河NGC4565です。渦巻銀河を真横から眺めている感じで、なかなかの眺めです。こういう銀河をエッジオン銀河と言います。天の川銀河も、真横から見ると、こんな感じなんでしょうか……。地球からの距離は4000万光年程だそうですが、天の川銀河よりもはるかに大きいのでは、と言われています。

 イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルが、1785年に発見したそうです。ウィリアム・ハーシェルといえば、天王星を発見した人です。自作の望遠鏡で、天体観測をした人で有名です。小口径の望遠鏡でも、この渦巻銀河の光が見えたんですよね。そういえば、この銀河の中心部は、とても明るい感じです。初心者でも上手く撮れそうな銀河ですね。それにしても、素晴らしい眺めで、感心しています。

 この写真には、NGC4565の右下と右上に銀河らしきかすかな光が見えています。本当は、何百個・何千個ほどの系外銀河が見えるのでしょう……多分。宇宙は、とてつもなく広いんでしょうねえ。どう考えても、宇宙は不思議です。晴れた夜に、また、かみのけ座やおとめ座の周辺を撮影してみます。

 今夜は上弦過ぎの月が昇っていますが、何となく霞んでいます。多分水蒸気なんでしょう。という訳で、一休みで~す。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・笠井マルチフラットナー使用・ISO3200・60秒・2024年5月9日19時50分

| | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

かみのけ座のメロッテ111

111blog_20240510125601  写真は、かみのけ座の散開星団メロッテ111です。昨日5月9日(木)の夜の撮影です。星空を眺めるのも、ほとんど一カ月ぶりでした。雨と曇りの日が多くて、星空を忘れかけていたような感じでした。本当に久しぶりに晴れ渡った夕空を見て、感動してしまいました。

 庭に三脚を二つ出して、ケンコースカイメモSとビクセンSX2の二台の赤道儀で観測・撮影の準備を始めました。設置した後、いろいろな雑用があるので、結構大変です。電源コードやヒーターのコード、リモートコントローラーのコードなどを足でひっかけないように、いろいろ気を使います。

 5月になると、北極星が見え始めるのも遅くなります。昨日の時点で、19時25分にやっと北極星が見えました。極軸合わせが終わると、ほっとして一休みです。

 ケンコースカイメモSにオリンパスEM-1MarkⅢをセットして、標準ズームレンズを付けて、メロッテ111の撮影です。このデジカメは、星にピントを合わせることが出来るので、とても便利です。星を辿って探せばいいわけで、結構楽しいい時間です。

 そんな感じで撮影したのが、左の画像です。かみのけ座は、小さな星座です。ほとんどの星は、γ星の周辺に集まっています。やや青白い感じで輝いているのが、散開星団メロッテ111です。とても美しい星々の輝きです。満月の15倍ほどの領域に、星が散らばっています。写真では、20個ほどの星が確認できます。双眼鏡ならば、40個ほど確認できるそうです。地球からの距離は、250光年程なので、割と近い感じかも、です。かみのけ座やおとめ座の周辺は、背景が暗いので、遥か遠くの系外銀河を見ることが出来ます。この写真にも、系外銀河が数個は写っているはずです。

 今夜も晴れそうな感じです。少しだけでも観察・撮影の準備をしておきます。という訳で、コーヒーブレイクで~す。

データ/ケンコースカイメモS・EM-1MarkⅢ・40~150ミリF4・ISO1600・40ミリ・50秒・ソフトフィルター使用・2024年5月9日21時

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

かに座

Blog_20240502135301  写真は、かに座の全景です。かに座はトレミーの48星座のひとつで、春の星座の中では、最初に昇って来る星座です。最も明るい星が3等星なので、星座の形を確認するのは、とても大変です。中央の甲羅にあたる四角形をつくっている四個の星と、かにの足が三本という形です。α星以外は、肉眼では、なかなか見えない感じです。

 ただし、甲羅の中の星の集団である散開星団M44は、ぼんやりと肉眼で見ることが出来ます。この散開星団M44は、プレセペ星団と呼ばれています。6倍の双眼鏡で覗くと、全景が視野に入り、10個ほどの星が確認できるのでは、という感じです。実際には、200個以上の星の集団だそうです。ぼんやりとした雲のような感じですが、結構明るい輝きなんですね。

 写真には、α星の近くにあるM67という散開星団も見えています。M44よりは少し暗いのですが、これもなかなか見ごたえがある星団です。

 5月に入って、春の星座は、天頂付近から東の空に勢ぞろいしています。最初に昇ってきたかに座は、もう西の空に傾きかけています。5月上旬の夜9時頃には、おおぐま座やしし座、そしておとめ座が天高く昇り、とても目立ちます。

 4月は雨の日が多くて、星が見えた夜は2回だけでした。冬から春にかけて、全国的に暖冬傾向でした。北海道で30度を超えた日もあったようです。5月も暖冬のようで、これからも異常気象が続くかも、です。

 夜が更けると、東の空には夏の天の川が昇ってきます。夏も、もうすぐそこまで来ている感じです。夏の星空も、また楽しみです。という訳で、一休みで~す。

データ/ケンコースカイメモS・ズイコー12~40ミリF2.8・EMI-MarKⅢ・ISO1600・40ミリ・f4.5・35秒・ソフトフィルター使用・2024年2月16日21時20分頃

| | コメント (0)

2024年4月25日 (木)

しし座のM96銀河群

M95-96-105-blog  写真は、しし座にある系外銀河群です。春の星座のしし座やおとめ座、さらにはかみのけ座などには、系外銀河の集団をあちこちに見ることが出来ます。写真の銀河群は、M96銀河群と呼ばれているそうで、初めて撮影しました。写真右下から、M95、その左側にM96、そして上の隅にM105とNGC3384とNGC3389の銀河が見えています。

 ライオンのお腹の下あたりに、5個の銀河があるのですが、明るさは9等級なので、とても暗い印象です。70ミリの小口径の望遠鏡なので、5個しか見えていませんが、大口径ならば、遥かにたくさんの銀河を見ることが出来そうです。

 地球からの距離は、3500万光年程でしょうか……。遥かな彼方という感じですが、宇宙の広さから考えると、地球の近所というイメージですね……多分。一つ一つの銀河が小さすぎて、形がよく分かりません。渦巻銀河も楕円銀河もありそうです。次回撮影するときは、導入するのが大変ですが、8インチのシュミカセで挑戦してみます。

 5月になると、かみのけ座銀河団やおとめ座銀河団が空高く昇るので、観察も撮影もとても楽になります。春の星々を、もう少しのんびり待つことにします。

 今日は珍しく晴れ間があるのですが、全天に薄い雲(水蒸気)が広がっています。明日の夜から、また4、5日は雨のようです。連休は雨の日が多いかも、です。薩摩半島はこのところ日照時間が少ないので、野菜の生育がイマイチだそうで、いろいろ大変なんですね。という訳で、コーヒーブレイクで~す。

データ/ビクセンAP・ビクセンED70SS・ソニーα6000・等倍マルチフラットナー・ISO3200・60秒・2024年3月10日21時10分

| | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

北斗七星

Blog_20240418132001 春から夏にかけて、北の夜空で一番目立つ星は、北斗七星です。7つの星の内6個が二等星なので、特別によく目立ちます。この北斗七星は、おおぐま座の一部です。おおぐまのお尻のあたりから尻尾のあたりです。おおぐまの頭の部分や足のあたりの星は結構暗いので、見つけるのも大変です。

 ひしゃくの水をくむ部分のα星ドゥベーとβ星メラクを結ぶ線分を、β星からα星方向に5倍程伸ばすと、こぐま座の尻尾あたりにある2等星に行きつきます。その星が北極星ポラリスです。このポラリスがおよその北の方向を示していることは、大昔から知られていたようです。北緯約32度より北の地域では、一年中α星とβ星とポラリスを見ることができるので、北の方向が分かります。紀元前1000年の古代から、いろいろな場面で非常に役立ったのでは、と思います。

 ただし、地球の自転軸方向は長い年月で変化するので、誤差も少しは大きくなります。という理由から、北方向を推測するのも将来的には少しだけですが大変なんでしょうか……。

 今日は何とか晴れていますが、遠い山の稜線が霞んでいます。黄砂なのかPM2.5なのか分かりませんが、大気の状態はあまりよくありません。冬の2月から暖冬で、雨の多い天気でした。異常に水蒸気が多く、晴れた日がとても少なかったような気がします。4月に入っても、曇りと雨の日が多い予報でした。この週末から、また当分雨のようです。

 今夜の月は、月齢10日少し前のようですが、眺めるのも大変な空の状態です。どう考えても、月の撮影は無理な感じです。夜の時間は、画像処理の時間にします。という訳で、小休止で~す。

データ/ケンコースカイメモS・EOSKissX8i・トキナー11~20ミリF2.8・ISO1600・f5.6・40秒・ソフトフィルター使用・2024年4月10日20時30分

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

月面 雲の海周辺

Blog_20240411130001  写真は、月面の雲の海周辺です。雲の海というのは、月面を満月の時に眺めたとすると、左側の海が多い部分のいちばん南側にあります。と言ってもなかなか説明が難しい感じですが……。有名なコペルニクスクレーターのさらに南側と言った方がいいのかも知れません。

 中央やや右側(南側)が、雲の海です。このあたりには、ブリアルドス以外は、目立つクレーターはありません。大きな山脈もなく、深い渓谷もありません。でもよく見ると、クレーターらしき痕跡があちこちにあります。溶岩によって浅く埋められた溶岩台地のようです。こういうクレーターは、幽霊クレーターと呼ばれているそうです。

 右上隅に直線壁と呼ばれている地形があります。長さ140kmの、西側に落ち込んだ壁です。朝日を浴びて、斜面が暗い陰になっています。流れ出た溶岩が、突然陥没したのではないか、と言われています。月面では、とても珍しい地形だそうです。この直線壁のすぐ西側に小さなクレーターがあります。よく見ると、直線壁とこのクレーターは、溶岩で埋め尽くされている大きな幽霊クレーターの内部にあるような気もします。

 写真の中央部分にも、溶岩で浅く埋められたクレーターがあり、その他あちこちに幽霊クレーターが見えています。月面には、いろいろな地形があって面白いですね。

 今日はドンヨリドンヨリの天気で、曇り、ところによって時々雨という天気のようです。薩摩半島では、今週から春ゼミが鳴き始めました。夏ゼミに比べて少しだけ小さなセミですが、5月まで森の中で鳴いています。このセミがいなくなると、梅雨になって本格的な夏になります。……という訳で、コーヒーブレイクで~す。

データ/ビクセンSX2・8インチシュミカセ・ASI183MC・ゲイン130 ・15ms・120コマ合成・2023年9月24日20時20分

 

| | コメント (0)

«うみへび座の散開星団M48