« おおぐま座 M81 M82 | トップページ | 燃える木を見つめる馬 »

2017年3月16日 (木)

かに座とM44

Photo 3月に入って、まだまだ寒い日もあれば、晴れて太陽光がさんさんと降り注ぐ昼間、車のエアコンを入れなければならないような暑い日もあります。薩摩半島は、そんな感じの場所なのでしょう。市内の南部では、ツバメが飛んでいたそうで、春がすぐそこまで来ているようです。ウグイスの初音も2月の終わりに聴きました。

 左の画像は、春の代表的な星座のひとつ,かに座です。2年前の4月に、一度UPしています。その時は、すぐ近くに木星がありました。今年の木星は、3月現在、となりのとなりのおとめ座あたりを、のんびり移動しているようです。

 かに座をつくる星は、3等星以下の星ばかりで、肉眼で確認するのは大変です。春分の頃は、天頂付近に移動しますが、眺める姿勢には苦労します。それでも、四角形をつくるかにの甲羅辺りには、薄い雲のような光が確認できます。この部分が、M44のプレセペ星団です。散開星団M44を双眼鏡で眺めると、結構美しい眺めです。かにがどちら向きなのか分かりませんが、まるで、かにが身体に卵を抱いているようにも見えます。古代の人もそのように眺めていたのかも知れません。かに座のすぐ南隣には、うみへび座のへびの大きな口が見えます。春の星空には、一等星が三個しかありません。何となく寂しい気もします。

 冬から春まで、まだまだ夜の屋外は寒いので、撮影中は、我が家の裏庭を歩き回らなければなりません。イノシシとアナグマ、タヌキに気をつけて、身体が冷えないように、多分2000歩ほど歩いているのでは、と思います。

データ/ケンコースカイメモS・シグマ50ミリ1.4・KissX7i・ISO1600 ・F4・40秒・2017年2月28日21時48分・ソフトフィルター使用

|

« おおぐま座 M81 M82 | トップページ | 燃える木を見つめる馬 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600637/65024342

この記事へのトラックバック一覧です: かに座とM44:

« おおぐま座 M81 M82 | トップページ | 燃える木を見つめる馬 »