« M31の季節 | トップページ | M31銀河と古代エチオピア物語 »

2017年11月 8日 (水)

月齢10.3の月

103_20171030 北海道では、雪の季節になったというのに、薩摩半島は、昼間の気温が25度近くになるので、車のエアコンをいれています。夜も、20度以上なので、窓は開けっぱなしています。年末までは、暖房なしでいけそうです。

 夏に比べて、秋の月はとても大きく見えて、くっきりしています。画像は、10月30日の撮影です。シーイングは、5段階の4程度ですが、接眼レンズで眺めると、とても見応えがあります。月は、眼視がいちばんいいのかも知れません。クレーターの様子をゆっくい確かめながら、地表を眺めるのは、とても気分がいいものです。

 中央の大きなクレーターが、コペルニクスクレーターです。海の中でとても目立ちます。その北側に、雨の海と呼ばれている平原があります。その海の北側のいちばん端に、まだ夜が明けていない半円状の虹の入り江という場所があります。双眼鏡で眺めると、ここが、特別に目立ちます。上限を少し過ぎたころの、虹の入り江を囲むユラ山脈の夜明けは、とてもすばらしいのでは、と思います。この虹の入り江は、中国の月探査船が、最初に選んだ着陸地点だったそうです。しかし、何かの理由で、着陸場所が変わったようです。もう数時間待てば、ユラ山脈が朝日に照らされていたのでしょう。

 月面の撮影は、とても難しいんですね。ゆらゆら揺れる大気を通して、月面にピンを合わせなければならないので、とても時間がかかります。カメラマンを40年以上やってきたのですが、天体写真は、まだまだアマチュアです。

データ/ビクセンGP2・セレストロン8インチシュミカセ・キャノンKissX7i・ISO1600・2000分の1s・30コマ合成・トリミング・2017年10月30日20時30分頃


|

« M31の季節 | トップページ | M31銀河と古代エチオピア物語 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600637/66019843

この記事へのトラックバック一覧です: 月齢10.3の月:

« M31の季節 | トップページ | M31銀河と古代エチオピア物語 »