« おおぐま座としし座 | トップページ | 金星とTレックス »

2018年5月 2日 (水)

りょうけん座M51

M51blog この春、久し振りにM51を撮影・観察しました。ブログを始めた3年前に一度観察したことがありました。その時のM51の写真は、星の写真展にも展示しましたが、その時よりもはるかにいい出来かな、と思います。多分、空の状態が少しは良かったのでしょう。

 このM51は、りょうけん座にあるのですが、りょうけん座自体がとても分かりにくいんですね。という訳で、星図を頼りに探す人は、北斗七星のひしゃくのいちばん先のη(イータ)星をもとに、見つけているようです。その方法だと、結構楽に見つけることができます。

 M51は、別名子持ち銀河と呼ばれています。この銀河は渦巻銀河ですが、1本の腕に小さな銀河がぶら下がっている、という感じです。その形がとてもユニークなので、有名になったようです。互いの重力が影響し合っていて、つながりの領域では、多分たくさんの星が生まれているのでは、と思います。双眼鏡でも観察はできますが、明るさが9等級なので、大口径でないと難しいかも知れません。

 我が家の裏庭は、北東から東の方角が、街明りで星空の状態があまり良くありません。5月下旬ごろになると、北斗七星も西側に移動するので、もっと空の状態が良くなると思います。その時に、もう一度M51を眺めてみます。

 薩摩地方は、昨日から天気が下り坂でした。今朝は雷で起こされて、一日中雨でした。明日から、吹上浜の砂の祭典が始まります。南さつま市の一大イベントで、巨大な砂像と花火を楽しみにして、毎年出かけています。明日からは天気がよさそうなので、今年も、ライトアップした砂像と星空を眺めてきます。という訳で、アイスコーヒーで一休みです……。

データ/ビクセンGP2・8インチシュミカセ・ISO1600・90秒・15コマ合成・KissX8i・2018年4月19日21時50分 

|

« おおぐま座としし座 | トップページ | 金星とTレックス »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600637/66676316

この記事へのトラックバック一覧です: りょうけん座M51:

« おおぐま座としし座 | トップページ | 金星とTレックス »