« 2018年5月 | トップページ

2018年6月の3件の記事

2018年6月17日 (日)

てんびん座と木星

Blog 昨夜は、台風6号が奄美諸島近くを東に移動している頃でした。どう考えても、曇り空の予想でした。ところが、どういう訳か、夕方からきれいな空になりました。風もなく、気持ちのいい夕空でした。

 薩摩地方は、天気の変化が速いし、予報も難しいのでは、と思います。きれいに晴れた青空でも1時間後にはどんより曇ってしまって、霧雨が降る、なんていうこともたびたびです。雨が降っている最中に、夕日が射していることもよくあることです。だから、天気予報を聴くよりも、外に出て、雲の様子や風向き、水蒸気の濃度などを自分で観察した方がいいのかも、です。

 という訳で、昨夜の星見はてんびん座と木星でした。さすが木星です。日没後すぐに双眼鏡で確認できました。-2等級ほどの明るさなんでしょうか。とても明るく輝いていました。木星のすぐ近くに見えるのが、てんびん座のα星(3等星)です。木星が明るすぎて、肉眼でやっと確認できるかな、という感じです。てんびん座は、春の星座と思ていましたが、夏の星座だったんですね。

 てんびん座の天秤は、正義の程度や善悪の度合いを量るものらしいですね。女神アストライアさんが、この天秤を使っていたということらしいですが、人間の心の中を信用できなくなり、天に帰ったということらしいです。詳しくは、ギリシャ神話時代のギリシャ人に話を聴かないとわかりません……、です。

 ところで、夜9時を過ぎると、さそり座がてんびん座の隣に昇り、ベガも北東の空で輝いています。夏空が近いんですね。西空には、とても明るい金星が沈みかけています。やがて土星や火星が昇ってくるんですね。今年は、賑やかな夏の夜空になります。

データ/ケンコースカイメモS・EOSKissX7i・シグマ30ミリ1.4・ISO1600・F4・20秒・ソフトフィルター・2018年6月16日21時頃

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

月面の夜明け

New5blog 3月、4月に撮影した写真が、整理が追いつかず、HDに保存したままです。コマ数は少ないのですが、次から次に溜まってしまうんですね。今は梅雨時なので、空いた時間は、画像処理や写真の整理に最適なので、それをやろうと思っています。

 この写真は、上弦が近い月面です。上部(東側)は、もう夜が明けてしまっていて、地球でいえば、今頃の朝の6時から8時頃なんでしょうか。下部(西側)は、まだ夜が充分に明けきらない時間帯なんでしょうか。

 時間に余裕があるときは、上弦の頃の月面をアイピースを使って覗きます。月面には、非常に多くのクレーターがあります。中央付近には、プトレマイオスから南に連なるクレーターの帯があります。とても素敵な眺めです。また、上弦過ぎの月面には、コペルニクスというとても優雅なクレーターもあります。

 この写真のアリストテレスとエウドクソスというクレーターも、迫力があります。この日は、月齢5.6でした。この付近を、少しだけ倍率を上げて眺めるとスゴイ迫力です。眺めるときは、双眼装置を使って両目で覗きますので、臨場感は最高です。クレーターを囲む外輪山(?)の影が、非常にゆっくり動いていくのがわかります。太陽が昇ってくるので、クレーター内部に延びる影が少しずつ短くなっていきます。月の一日は地球の一日の約30倍ですから、月面上で夜が明ける速さは、地球の30分の1なので……。のんびり4,5時間眺めていると、その様子が少しだけわかります。

 これから夏に向かって、スターパーティーもいいのですが、ムーンパーティーもいいかもです。そうなると、やっぱり冷たいビールですね……。

データ/ビクセンGP2・8インチシュミカセ・EOSM5・25ミリアイピース・ISO1600・20分の1・15コマ合成・2018年3月23日21時50分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

かみのけ座のNGC4565銀河

Ngc4565blog 今夜は曇り空なので、いつものことですが、未処理の画像を現像したり、加工したり、雑用処理する予定です。曇り空と言っても、南東の空には木星が輝いています。薄雲なら、まだまだ明るい木星は見えるんですね。適当に涼しい風が、開けっ放しの窓から入ってきます。まだ夜のはじめなので、こういう時は、Mt.RAINIERのノンシュガーコーヒーを飲んでいます。子供が飲めるコーヒーなんですね、これは。

 ところで、NGC4565という銀河は、とても珍しい銀河です。かみのけ座の散開星団メロッテ111の近くにある、渦巻銀河です。なぜ珍しいかというと……我々の天の川銀河を真横から眺めてみると、こんな感じかな、という意味で珍しいんです。確かに中心部が大きく盛り上がっていて、暗黒帯も確認できます。

 渦巻銀河を真横から眺める形になっている銀河は、エッジオン銀河と呼ばれています。それに対して、渦巻きの軸方向から眺められる銀河をフェイスオン銀河と言います。そう考えると、この銀河はほとんど真横から眺められるので、結構珍しいのでしょう。地球からの距離はと言えば、4000万光年から5000万光年ほどだそうで、距離感が全く分かりません。でも明るさが10等級なので、8インチの小さな望遠鏡でも撮影できます。

 こんな銀河を眺めるたびに、宇宙はどうなっているんだろうか……なんて、考えても追いつかないのに、考えてしまいます。不思議な世界ですね……。

データ/ビクセンSX2・8インチシュミカセ・専用レデューサー・EOSKissX8i・ISO1600・80秒・数コマ合成・2018年5月11日21時50分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ