« 2018年6月 | トップページ

2018年7月の2件の記事

2018年7月12日 (木)

いて座の土星

Blog  この写真は、九州南部がまだ梅雨明けしていない7月9日に撮影したものです。どういう訳か、夕方からすっきりした空になり、金星も木星も土星もよく見えました。透明度がとてもGooだったので、東から登り始めた天の川も、いつもよりはとても鮮やかに見えました。
 
 ちょうどその頃、九州北部や広島、岡山、愛媛などでは、記録的な豪雨がやっと終わりかけていたのですが、水害の爪痕がすごいことになっていたのですね。僕は、岡山市生まれで、19歳まで岡山平野で育ちました。岡山平野でこんな水害が起こることは、想像もできませんでした。これは、世界的な気候変動の一つの例というべきなのでしょうか。異常気象という言葉で、片づけられる問題でもないのでは、と思います……。被災地の人々の生活が、少しでも早く元に戻ることを祈ります。
 
 空を見上げた時、雲の上は、昼間は青空で、夜は星空なんですね。当たり前ですが、そのことを実感した夜空でした。土星は、今いて座のμ星付近を東から西に逆行しているんですね。天の川のいちばん賑やかな領域をのんびり移動しています。近くには、散光星雲のM8やM20があり、星の密度が最も高い空間です。双眼鏡で眺めても、密集する星風景は特別です。今年は、火星も最接近するので、異常に賑やかな夏の夜空になるんでしょう。ただし、ここ薩摩半島では、今の時期火星の出現は21時近くになるんですね、ちょっと残念ですが……。
 
 という訳で、コーヒーブレイクでーっす……。
 
データ/ビクセンGP2・ボーグFL55・EOS60D(改造)・ISO800・55秒・20コマ合成・2018年7月9日21時40分頃
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

こぐま座とりゅう座

2blog  この2週間ほど、星空をまともに見ていません。6月の中頃に、三日月を眺めたのを覚えていますが、その後は、ずーっと梅雨空で、曇り空が続いています。梅雨が明けないと、夏空を眺めることはできそうもありません。
 
 写真は、梅雨の中休みの、雲が途切れた時間に撮影したものです。ポラリス(北極星)の近くにあるこぐま座とりゅう座です。ポラリスの近くで、肉眼で確認できるのは、こぐま座のα星(ポラリス)とβ星コカブだけです。ともに2等星なので、夏は20時近くにならないと見えません。その隣のりゅう座に至っては、頭部に2等星がひとつ、その他は3等級以下の暗い星ばかりで、ほとんど星のつながりを確かめることができません。おまけに、こぐま座を囲むようにくねくねと身をくねらせているので、竜の全体像を想像するのは不可能です。まあ、このりゅう座もトレミーの48星座のひとつで、紀元前1200年前から名前が知られていたようで、結構有名だったのかも、です。
 
 ところで、7月31日には、火星が最接近するようで、楽しみにしています。小さな望遠鏡でどこまで見えるか、それを確かめようと思っているのですが、問題は天気ですね。薩摩半島は、水蒸気が多いところなので、どうなるか……です。できれば、招待客を呼んでマーズパーティーがいいかな???
 
データ/ケンコースカイメモS・シグマ11~20ミリ・17ミリ・F4・EOSKissX8i・ISO1600・25秒・2018年6月16日21時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ