« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月の4件の記事

2021年6月24日 (木)

りょうけん座のM51銀河

M51blog_20210624192101  昨夜は、雲に見え隠れする大きな月が何となく見えていましたが、今夜はどんよりとしていて、月の姿は見えそうにありません。今夜日付が変わってから満月になりそうです。その満月をストロベリームーンと呼ぶそうですが、その意味はよく知りません。今年は、4月頃からですが、雲の多い日が続いて、月の満ち欠けなど、夜空の変化を眺めることがとても少なかったような記憶です。4月の下旬からこの2か月間で、星空がまともに見えた夜はわずか3日だけでした。これも異常気象と呼ぶべきかも、です。南西諸島からこの薩摩半島にかけては、梅雨なんて言うものではなく、むしろ〈雨季〉と呼んだ方がいいような気がします。東洋リビングのモバイルドライ(モバイル乾燥器)を頻繁にコンセントに差し込んで使っていますが、湿気取りに追いつけないのが実情です。やはり、〈雨季〉と呼ぶべきでしょう……。

 ところで、写真は、りょうけん座の渦巻銀河M51です。子持ち銀河として人気の高い、メシエ天体です。5月頃がいちばん見ごろなんですが、この写真は、昨年の5月に撮影したものです。残念ながら、今年は撮影することが出来ませんでした。写真下の渦巻銀河がM51(NGC5194)で、北側の小さな銀河がNGC5195です。この二つをまとめて子持ち銀河と呼んでいるようです。見かけの大きさは満月の半分ほどですが、結構明るいので、少し大きな双眼鏡でも見えるそうです。渦巻銀河M51の大きさは、我々の天の川銀河よりわずかに小さいようですが、二つの銀河が衝突しかけているような感じで、巨大な銀河のすごい重力を少しだけ想像することが出来ます。この周辺では異常事態が起きていて、想像を絶することが起きているのでしょう。この写真を眺めているだけでも、恐ろしいほど宇宙の神秘を感じています。人間の想像力が全く働かず、もはや限界なんですね。こういう異常重力の現場に知的生命体が生きているとすれば……何が起きて、何がどうなっているのでしょうか。写真で見る限り、宇宙はとても美しいのですが、本当はとても恐ろしいという面も持っています。銀河同士の衝突が、結構頻繁に起こっているようです。いったん衝突し始めたら、何十万年か何百万年か分かりませんが、究極の恐怖の熱地獄が続くのですよね……。そう考えると「宇宙は怖いでっせ……一体どないなってんねん……えっ……えっ……」と、ついつい関西弁になってしまいます。

 まあ、そんな訳で、今夜は、冷たいYEBISUビールで乾杯でーす。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・ISO1600・100秒・2020年5月11日22時頃

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

かみのけ座の散開星団メロッテ111

Mel111blog  日本中、ムシムシの日々が続いていますが、その中でも南西諸島や薩摩半島は異常なほどムシムシです。このところ、月の姿も見たことがありません。今夜は上弦の月なのでしょうが、月の存在さえ忘れてしまいそうです。薄雲程度ならば、月明かりが確認できるのですが、そんな感じもありません。5月に星空が見えたのは1回だけで、それも30日の夜でした。こんなことも非常に珍しいのでは、という思いです。5月は例年ならば晴れの日が多く、ちょうど星見には最適な季節なんですが、今年は梅雨が1ヵ月早くやってきたものだから、変な初夏になってしまいました。その30日の夜に撮影したのが、左の写真、かみのけ座の散開星団メロッテ111です。雲の流れの中で、星が見えていた時間は1時間ほどなので、ドタバタのドタバタでした。流れる雲を避けながらの撮影でした。のんびり楽しく……なんていうものではなく、途中で、非常に珍しいのですが……何となく悲しくなりました。

 ISO3200で、露出時間20秒。20コマほど撮影しました。普通ならば、ISO3200なんて、しないのですが……。まあ、それはそれとして、180 ミリレンズを使用しましたが、もう少し短いレンズの方が良かったのかも、です。写真は、散開星団の中心部に近い部分で、もう少し外側に星が見えていました。青白い輝く星々が、実際には4,50個あるようですが、写真には30個程しか見えていません。かみのけ座も暗い星ばかりの星座ですが、実際に見えるのは、多分この散開星団メロッテ111の部分だけでは、と思います。

 毎年のことですが、この散開星団を撮影しています。今の時期、かみのけ座は天頂付近なので、探すのがとても大変です。撮影するよりは、やはり双眼鏡でのんびり眺めていたいものです。視野いっぱいに星が輝いている姿は、臨場感いっぱいで、感動モノです。ずーっと眺めていると、何故か懐かしさを感じてしまうのも不思議です。〈自分の中に、星が宿っている〉とよく言われていますが、もしかすると、それも本当のような気がしてきます。〈何百万年もの間、星の光が類人猿のDNAを刺激してきた〉なんていうのを、どこかで読んだことがあります。可能性あり、かもです。

 ところで、かみのけ座は、トレミーの48星座には入っていないのですね……不思議ですが。17世紀にできた星座のようです。でも、星座の由来は、やはりギリシャ神話です。いろいろあって面白いですね。という訳で、今夜も少しだけ冷たいYEBISUビールで乾杯します。

データ/ビクセンGP2・180ミリマクロF3.5・EOSKissX8i・ISO3200・20秒・ソフトフィルター使用・20コマ合成・2021年5月30日22時

 

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

おおぐま座のM81、M82銀河

M81m82blog  今年の春は、おおぐま座の系外銀河がテーマでした。おおぐま座で一番目立つのは、やはりM81とM82 のような気がします。というよりは、小口径しか持っていないので、見かけの大きさが重要なポイントです。エクスプローラー・サイエンティフィック社のED102鏡筒が屈折鏡最大口径なので、いざというときは、頼りにして使っています。笠井のマルチフラットナーを使用すると、何とか視野の隅っこまで使えるようです。大きいのが少々不便ですが、赤道儀に乗せるとまあ、何とか満足していますが……。ただし、欠点がひとつありまして……。それは、この屈折鏡についている回転装置です。この回転装置は使えればとても便利なのですが……。回転したときに、ピントが僅かにズレルということです。僅かと言っても、微妙にピント合わせをしているのに、少々でもやはり問題です。ということで、今ではこの回転装置は全く使っていません。当たりハズレのハズレだったのかも、です。それとも、使い方に何かコツがあるのでしょうか、分かりません。

 ところで、写真下がM81で、上がM82です。M81の方は渦巻銀河らしくて、とてもいい感じです。ただ、1200万光年という遥か彼方で、少し遠すぎます。もっと近ければ、迫力ある眺めになっていたのでは、という感想です。一方のM82の方はと言うと、不規則銀河という分類ですが、本当は、M81銀河の引力の影響でスターバースト現象を起こしているそうです。スターバーストというのは、外部の力で、星間ガスが引き飛ばされることだそうで、こんなことが宇宙で起これば大異変になること間違いなし、でしょう……。実際M82の写真を見ると、赤い水素ガスなんでしょうが、宇宙空間に大量に飛び散っています。やがては銀河が崩壊してしまうのでしょうか、それは分かりませんが……。この銀河M82は、改造デジカメで撮影する必要がありますね、次回になりますが。またの機会に挑戦してみます。

 という訳で、梅雨に入って、1ヶ月が経ちました。当分は梅雨空が続きそうで、このM81とM82は地平線の下には沈まないのでしょうが、大気の状態から考えると、撮影はとても難しいかも、です。まあ、そんな訳で、コーヒーブレイクです。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・EOSKissX8i・笠井マルチフラットナー使用・ISO3200・55秒・20コマ合成・2021年4月6日22時10分

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

おおぐま座M109銀河

M109blog  おおぐま座からりょうけん座にかけて、系外銀河がたくさんあります。写真は、おおぐま座の渦巻銀河M109です。見かけの大きさが8秒×5秒ほどで、とても小さくて無理のような感じでした。それでも、おおぐま座のγ星のすぐ近くなので、探すのはとても楽でした。γ星というのは、北斗七星の水オケの方から数えて3番目の2等星です。その星のすぐそばということで、行きついたところが写真のM109銀河でした。γ星もM109も画面の隅っこになっていますが、南の方に系外銀河がたくさんあるらしいということで、こんなイメージになりました。確かに、画面下の隅に、NGC3953という銀河も見えています。他にも、矢印で示したところにも、系外銀河がたくさん確認できます。この銀河群はM109局部銀河群と呼ばれているそうです。この周辺をもっと詳しく調べると、本当はすごい数の銀河があるのでしょうねえ。口径10センチの屈折鏡筒なら、正直これぐらいが限界です。

 ところで、メシエカタログには、110までの天体が登録されていますが、シャルル・メシエが作成したのはM103までだそうで、それも18世紀ですが。その後、M104からM110までは、20世紀になってから追加されたようです。天文の世界も、いろいろ話題があって面白いですね。

 4月から5月にかけて、系外銀河を探そうと思っていたのですが、九州南部は梅雨入りが平年よりも3週間ほど早く、5月はほとんど星空が見えませんでした。5月30日の夜、わずか50分ほどの1回だけ撮影できました。こんな5月も……異常も異常です。九州各地の天文台も、観察会やら観望会、あるいは天文イベントもほとんど中止になっています。新型コロナウィルスの感染拡大もあって、天文台は大変だそうですね。天候異変や天変地異の前触れなんていうものではなく、とっくに現実になっているのでは、というのが感想です。

 という訳で、今夜もジメジメで、雨が降っています。明日も一日雨降りかも、って予想しながら、小休止でーす。

データ/ビクセンGP2・ES102ED・EOSKissX8i・ISO3200・50秒・20コマ合成・2021年4月6日21時頃

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »