« 2022年4月 | トップページ

2022年5月の2件の記事

2022年5月12日 (木)

かみのけ座のメロッテ111

Mel111blog_20220512185801  写真は、かみのけ座にある散開星団メロッテ111です。撮影は、4月の下旬です。かみのけ座は、5月の今頃が天頂付近まで昇るので、観望や撮影に最適なんですが、梅雨が近づくので、早めに撮影をしました。

 散開星団をつくっている星は、4等級よりも暗い星ばかりです。それでも、暗い星が20個も30個も集まると、雲のような淡い輝きになります。肉眼でも、晴れた夜には、ぼんやりと星明りに見えます。双眼鏡で眺めると、視野いっぱいに星が集まっていて、感動モノです。ブルーの輝きの、美しい眺めです。写真は、その中心部だけをアップしています。写真の右側(西側)にも、下側(南側)にも、もう少し青白い星々が広がっています。

 かみのけ座というのは、明るい目印の星がないので、あまり話題にはならないのかも、です。この方向は、天の川銀河の北極方向なので、星々が一番少ない方向というか領域です。そのおかげで、はるか遠い系外銀河が、とてもたくさん見えるところです。このかみのけ座からおとめ座にかけて、おとめ座銀河団という巨大な銀河団があります。6000万光年離れたところに、この銀河団の中心があって、およそ3000個ほどの銀河があるそうです。この天の川銀河やアンドロメダ銀河もその内のひとつだそうですね。……イヤイヤ、とても恐ろしいというか、想像を絶する世界なんですね……。

 星を眺めていると、この宇宙の不思議さを感じてしまいます。どうして星が生まれるんだろか、どうして時間があるんだろうか、な~んてね……。さらに言えば、この自分の存在も不思議ですね……とっても。

 今夜は、くもりのち雨という感じです。明日も雨のようで、この薩摩半島は、もうとっくに梅雨に入っているのでは、と思いますが……どういう訳か、まだまだ梅雨入り宣言が出ませんね。

 そういう訳で、今夜も、DHCのビールで乾杯します、です。

データ/ケンコースカイメモS・180ミリF3.5・EOSKissX8i・ISO1600・f4.5・45秒・ソフトフィルター使用・2022年4月22日21時30分

 

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

しし座の4連星レグルス

Ab-blog  しし座の連星レグルスを初めて撮影しました。今までは、連星系にそれほど関心がなかったのですが、このレグルスは、ダブルダブルの連星系だということを知って、急に撮影したくなりました。連星というのは、太陽のような恒星がお互いの周りを回っている恒星系です。2個なら2連星、4個なら4連星と呼ぶそうです。このレグルスの場合は、4連星だそうです。

 このしし座の白く輝くα星レグルスは、1等星の中でも一番暗い星ですが、実際は、とても明るく巨大な恒星のようです。写真中央の明るい星がレグルス本体です。これを、主星と言います。この主星は、明るさ1.4等級なので、春の星空では、あまり目立たない星です。これがレグルスAです。この主星の北西方向に3分程離れたところに、とても暗いもう一つの恒星があります。これが、レグルスBです。暗い方の星Bは、主星に対して伴星と呼ばれています。写真のBは、明るさは8.0等級ほどなので、もちろん肉眼では見えないし、双眼鏡では見えるそうですが、まだ見たことはありません。8倍ぐらいの双眼鏡で、見えるのでしょうか……ねえ。

 ところで、レグルスAとレグルスBは、12万年ほどで相手の周りを一周するそうです。ところが、レグルスAもレグルスBも 、それぞれ小さな恒星を従えているということだそうです。大小4個の太陽が、とても複雑な軌道で回っていることを考えると、宇宙の神秘さがよく分かります。そいう訳で、ダブルダブルの4連星系と呼ばれています。連星と言うのは、宇宙にはありふれた恒星系だと言われています。太陽系でも、木星や土星の質量が百倍ほど大きかったら、連星になっていたのでは……と、どこかで聞いたことがあります。

 こんな4連星系の中の一つの恒星の、その周りを回っている惑星がもしもあったとしたら、いったいどんな軌道を描くのでしょうか……それがとても気になります。宇宙の物理法則に従うのは当たり前ですが……とても不思議な世界です……宇宙は。

 今夜は、ドンヨリドンヨリの空です。薩摩半島は、すぐそこまで梅雨が近づいている、そんな感じがします。外の温度計は、夜21時現在、22度です。もう初夏なんですね。という訳で、小休止で~す。

データ/ビクセンSX2・ES102ED・0.8倍レデューサー・EOSKissX8i・ISO1600・2022年2月25日20時40分

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ